« eLegs 下半身不随の人の歩行をサポートする ロボット | トップページ | 【ノーベル化学賞記念座談会】自由な環境 夢追えた »

2010年10月10日 (日)

日生、企業年金10%減

日生、企業年金10%減
(2010年10月8日 読売新聞)

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 生命保険最大手の日本生命保険が、
労働組合(組合員約1万4000人)に
対し、自社の企業年金の支給総額を削減する
提案をしたことが7日、分かった。

 退職金の水準見直しなどで、従業員1人
あたりの支給総額は平均で10%程度減る
計算だ。

 運用利率の低迷に加え、会計基準の変更
により、企業年金の積み立て不足を抱える
企業では財務が一気に悪化する恐れがある
ためだ。
 他の企業でも見直しが相次ぐとみられる。

 日生は、労組の了解が得られれば、
厚生労働相の認可を経て、2011年度にも
制度を変更する方針だ。

 関係者によると、退職金の支給額や、
年金運用の原資である積立金を減額する
ほか、日生の業績に応じて見直せるように
する。
 さらに、受け取り期間を、最大15年
から最大5年間に大幅短縮する。
 これにより、企業年金の積立金は現在の
約8000億円から1000億円近く削減
でき、全額を拠出している日生の負担が
軽くなるという。

--------
企業年金
 企業が、従業員を対象に任意で行って
いる福利厚生制度。
 国民年金や厚生年金に上乗せする形で
行われている。
 確定給付企業年金や確定拠出年金など
がある。
 確定給付型は、企業が将来支払う年金額
を約束するため、損失があれば企業が
穴埋めしなければならない。
 一方、確定拠出型では、企業は掛け金を
拠出するだけで社員が自己責任で運用する。
---------------------------------------

日生が企業年金の支給総額を削減する
らしいです。

他の企業でも見直しが相次ぐとみられる。

ということで、心配ですね。
少ない年金がさらに少なくなる。

|

« eLegs 下半身不随の人の歩行をサポートする ロボット | トップページ | 【ノーベル化学賞記念座談会】自由な環境 夢追えた »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日生、企業年金10%減:

« eLegs 下半身不随の人の歩行をサポートする ロボット | トップページ | 【ノーベル化学賞記念座談会】自由な環境 夢追えた »