« 防水 スマートフォン Motorola Defy アンドロイド携帯 が病院で活躍する日が近い? | トップページ | 【中外製薬】1分子の抗体が標的抗原を繰り返し遮断‐新たな抗体工学技術確立 »

2010年10月21日 (木)

抗がん剤「イレッサ」新指針、遺伝子検査で使用判断

抗がん剤「イレッサ」新指針、
遺伝子検査で使用判断

(2010年10月21日 読売新聞)

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 日本肺癌学会は、重い副作用が問題と
なった抗がん剤「イレッサ
(成分名ゲフィチニブ)について、
遺伝子検査で効果が期待できる肺がん患者
には積極的に使用することを勧める新しい
治療指針をまとめた。

 イレッサは、一部の患者に劇的な効果が
ある反面、副作用の間質性肺炎による
死亡例が相次いだため、従来の治療指針
では、他の抗がん剤が効かなかった場合の
選択肢の位置づけだった。

 学会は、イレッサの効果について国内外
の論文を検討。
 国内の大規模な臨床試験では、特定の
遺伝子に変異のある非小細胞肺がんの患者
にイレッサを使うと、標準的な抗がん剤を
使った場合に比べ、がんが大きくなるまで
の期間が約2倍に延びていた。

 新しい指針では、肺がんの8割を占める
非小細胞肺がんの患者で、特定の遺伝子に
変異があり、症状が安定している場合は、
イレッサの投与を勧める。
 遺伝子の変異がない患者には、従来通り
プラチナ製剤などの抗がん剤を使用する。
---------------------------------------

個の医療ですね。

分子標的治療薬は個の医療の対象にすべき
薬なのかもしれませんね。
患者によって効き方が違う。

|

« 防水 スマートフォン Motorola Defy アンドロイド携帯 が病院で活躍する日が近い? | トップページ | 【中外製薬】1分子の抗体が標的抗原を繰り返し遮断‐新たな抗体工学技術確立 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49805598

この記事へのトラックバック一覧です: 抗がん剤「イレッサ」新指針、遺伝子検査で使用判断:

« 防水 スマートフォン Motorola Defy アンドロイド携帯 が病院で活躍する日が近い? | トップページ | 【中外製薬】1分子の抗体が標的抗原を繰り返し遮断‐新たな抗体工学技術確立 »