« [開発者]日本はアップロード世界2位のアプリ大国 | トップページ | 難病情報センター事業の改革案、「不十分」4人、「妥当」2人 »

2010年10月28日 (木)

“体内時計”に作用する新しい睡眠薬が登場

“体内時計”に作用する新しい睡眠薬が
登場

2010. 10. 22 日経メディカルONLINE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 今年7月、メラトニン受容体に作用する
不眠症治療薬、ラメルテオン
(商品名:ロゼレム)が発売された。

 現在の睡眠薬の主力である
ベンゾジアゼピン系薬とは作用機序が全く
異なるため、「不眠症治療の選択肢が
増える 」と日大板橋病院精神科教授の
内山真氏は新薬を評価する。

 ラメルテオンは、視床下部の視交叉上核
に主に分布するメラトニン受容体に選択的
に結合する。

 睡眠に影響する条件は大きく分けて、
恒常性調節系、体内時計系、情動調節系の
3つがあるが(図1)、ラメルテオンは
このうちの体内時計系に作用すること
になる。
 通常は夜間に体内で産生された
メラトニンが睡眠を誘発するが、
ラメルテオンはこのメカニズムを擬似的に
再現するというわけだ。

 剤形は8mg錠剤のみ。
 用量依存性は低いので、
ベンゾジアゼピン系薬のように投与量を
調整する必要はないと考えられる。
 ただし、「1~2mg程度の服用でも、
体内時計を動かす作用があるといわれる。

 (8mgという用量は)速やかな催眠作用
をもたらすには良いが、ゆるやかに
体内リズムをずらしたいという場合には、
少々多いのではないか」
(ある精神科医)との声もある。

 また、副作用が少ない分、
「ベンゾジアゼピン系薬剤よりも睡眠導入
効果は弱そうだ」(同上)とも考えられる。

 抗不安作用を有さないため、
情動調節系の不調による不眠に効かない
可能性もある。
 どういった不眠の病態に適するのか
については、今後の検討が求められる
ことになるだろう。

 ラメルテオンの適応は入眠障害だが、
メラトニン受容体に作用することから、
ジェットラグ(時差ぼけ)や概日リズム
障害にも効果が期待されている。

 体内時計の変調全般に対して効果がある
ことは予想できるが、この点についても
「具体的な投与法については使用経験を
積む必要があるだろう」と内山氏は
話している。
---------------------------------------

“体内時計”に作用する新しい睡眠薬が登場
しましたが、当然ながら出たばかりなので
「具体的な投与法については使用経験を
積む必要があるだろう」
とのことです。

副作用のリスクは少なそうですね。

ご参考情報です。

|

« [開発者]日本はアップロード世界2位のアプリ大国 | トップページ | 難病情報センター事業の改革案、「不十分」4人、「妥当」2人 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49868892

この記事へのトラックバック一覧です: “体内時計”に作用する新しい睡眠薬が登場:

« [開発者]日本はアップロード世界2位のアプリ大国 | トップページ | 難病情報センター事業の改革案、「不十分」4人、「妥当」2人 »