« レアアース輸入停滞 中国側が契約破棄、他国経由も拒否 | トップページ | インターネットの新しい調べ方「WISDOM」登場 »

2010年10月21日 (木)

うつ病発症の原因遺伝子を特定か、米エール大

うつ病発症の原因遺伝子を特定か、
米エール大

2010年10月18日 AFP BBNews

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 うつ病を発症するメカニズムにおいて
重要な役割を担っているとみられる遺伝子
を突き止めたと、米エール大
(Yale University)の研究チームが17日、
英医学誌「ネイチャー・メディスン
(Nature Medicine)」に発表した。
 新薬開発につながる可能性に期待が
寄せられている。

 研究チームは、うつ病と診断された後に
死亡した21人の遺伝子と健康な18人の
遺伝子とを比較して、「MKP-1」と
呼ばれるこの遺伝子を突き止めた。

 論文によるとMKP-1は、神経細胞
(ニューロン)の生存と機能に不可欠な
脳内化学物質「MAPK」のカスケード
(連鎖)を遮断する役割を果たして
いるという。

 研究では、MKP-1を不活性化させた
ノックアウトマウスを作り、うつ病とMAPK
の関連性を調べた。
 すると、MKP-1ノックアウトマウスは
ストレスに対する回復力があったが、
MKP-1を持つマウスはストレスに対して
うつ病に似た症状を引き起こした。
 このマウスに抗うつ剤を処方した
ところ、症状は緩和したという。

 論文主筆者のロナルド・ダンマン
(Ronald Duman)教授(精神医学・薬学)
は、「(MKP-1によるカスケード遮断が)
うつ病の原因となる神経伝達異常の
主原因か、少なくとも大きな要因である
可能性が高い」と結論付けた。

 エール大学は、今回の発見により
「MKP-1が、とりわけ治療の効かない
うつ病に対する新薬のターゲット候補に
なったといえる」と声明で述べている。
(c)AFP
---------------------------------------

そうなんですかね?
可能性としてはあるのでしょうが、、

「うつ病に似た症状を引き起こした
マウスに抗うつ剤を処方したところ、
症状は緩和した」
ということと、
「治療の効かないうつ病に対する新薬の
ターゲット候補になった」
というのは矛盾してません?

症状が改善することと、根治することは
違うと言えば違うので、矛盾ではないか?

なんにしても、殆どの疾患に遺伝子が
からんでますね。

|

« レアアース輸入停滞 中国側が契約破棄、他国経由も拒否 | トップページ | インターネットの新しい調べ方「WISDOM」登場 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49804766

この記事へのトラックバック一覧です: うつ病発症の原因遺伝子を特定か、米エール大:

« レアアース輸入停滞 中国側が契約破棄、他国経由も拒否 | トップページ | インターネットの新しい調べ方「WISDOM」登場 »