« 宇宙の暗黒物質解明へ、新検出器「XMASS」 | トップページ | パナソニック電工が開発中のリハビリを支援する「デジタルミラー »

2010年10月11日 (月)

Neurologyより最近の話題

Neurologyより最近の話題
MDSJ 2010@京都
2010年10月10日 Neurology

詳細は、リンクを参照して下さい。
MDSJとは
パーキンソン病・運動障害疾患コングレス
のことです。
10月8~10日に開催されたもの。

興味のある方は参照してください。

---------------------------------------
SCD関連では、
 遺伝性SCDにおいてポリグルタミン病では
病変は多系統に及び、画像も小脳以外に
萎縮が出現する.
 一方,conventionalな遺伝子変異にて
発症するタイプは病変はプルキンエ細胞に
限局し,画像でも小脳に限局する.

 ポリグルタミン病の病態も
伸長ポリグルタミン鎖が共通して転写障害
やオリゴマーによる神経障害を起こす
という考えから,SCA1で示されて
いるように,ポリグルタミン鎖だけでなく
その蛋白全体の機能が病態に重要という
考えにシフトしつつある.
---------------------------------------

というものも含めて、MDSJ全般で筆者の
印象に残ったものを纏めたものです。

Parkinson病(PD)関連の話題が殆どです。
SCD関連情報が欲しいと思っている人には
ちょっと残念。

でも、どういう学会でどんな話題が出て
いるのかを把握しておくのは意味のある
ことだと思う。

|

« 宇宙の暗黒物質解明へ、新検出器「XMASS」 | トップページ | パナソニック電工が開発中のリハビリを支援する「デジタルミラー »

脊髄小脳変性症関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49711247

この記事へのトラックバック一覧です: Neurologyより最近の話題:

« 宇宙の暗黒物質解明へ、新検出器「XMASS」 | トップページ | パナソニック電工が開発中のリハビリを支援する「デジタルミラー »