« 光で麻痺した手足を動かすことができる | トップページ | デバイスラグ問題と日本の「ノーリスク志向」 »

2010年10月 3日 (日)

ADHD、遺伝子要因説を支持する発見 英ランセット誌

ADHD、遺伝子要因説を支持する発見
英ランセット誌

2010年10月02日 AFP BBNews

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 学童期前後の子どもにみられる注意欠陥
・多動性障害(ADHD)が、本人の行動習慣
や親のしつけのせいではなく、遺伝子的
原因に由来しているという説を少なくとも
部分的に裏付ける発見が9月30日、英医学
専門誌「ランセット(The Lancet)」に
発表された。

 ADHDの要因が遺伝的なものかどうか
については長年議論されてきたが、新研究
では初めて、遺伝子に関係していることを
示す直接的な証拠が明らかにされた。

 ADHDは多動性、不注意、衝動性を症状の
特徴とする発達障害のひとつで、それゆえ
学業や人間関係に支障が出る。
 子どもの50人に1人にみられるという
推計もある。

 発表によると、英国の研究チームがADHD
と診断された子ども366人と、ADHDではない
子ども1047人の遺伝情報を比較したところ、
2つのグループには「コピー数多型」
(CNV)と呼ばれる領域で明らかな違いが
あることが分かった。
 CNVは細胞1個につき2コピーあるはずの
遺伝子が少なかったり、多かったりする
「遺伝子の数の個人差」で、少ない場合は
1コピー、多い場合は3コピーとなる。

 英カーディフ大学(Cardiff University)
のアニタ・ターパル(Anita Thapar)教授
(神経精神病学・遺伝学)はロンドン
(London)で会見し、「ADHDは同じ家系内
での事例が多いことから、遺伝子的要因が
あるだろうとは長年思われてきた。
 しかし今回、初めて直接的な遺伝的連関
を発見し、興奮している」と述べた。

 さらにADHDと関連するCNVは、第16染色体
に集中していることも明らかになった。
 第16染色体は自閉症や統合失調症との
関連も示唆されている。
 この2つの疾患についても謎が多いが
現在では、脳障害だという認識がほぼ確立
している。

 ターパル教授は「ADHDについては偏見が
多く、障害ではなく、しつけが悪いせい
だなどとされ、子どももその親も汚名を
着せられがちだった。
 直接的な遺伝子的要因の発見が、偏見を
なくすことに役立ってほしい」と語った。

 共同研究者のケート・ラングリー
(Kate Langley)氏は、「ひとつの遺伝子
変化だけではなく、CNVも含むいくつかの
遺伝子変化が絡んでいる可能性や、そこに
さらにまだ知られていない環境的要因も
絡んでいるかもしれない」と述べた。

 ADHDの治療としては現在、集中的な薬物
治療と行動療法が行われている。
 今回の発見の成果は目覚ましいが、ADHD
の完全な理解と対症療法の確立までには
さらに長い道のりがあると研究は指摘
している。(c)AFP
---------------------------------------

遺伝というのは、いろんなところに関係している
ようです。

ADHDについての偏見が無くなっていくと良い
ですね。

この件そのものについてもそうですが、
驚いたのは、ドイツでは学校で問題を抱える
子どもたちを支援するため、教室にイヌが
導入されているんですね。

日本も見習いたい。
Dog

|

« 光で麻痺した手足を動かすことができる | トップページ | デバイスラグ問題と日本の「ノーリスク志向」 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49635082

この記事へのトラックバック一覧です: ADHD、遺伝子要因説を支持する発見 英ランセット誌:

» 強迫性障害にオルゴール療法 [強迫性障害と向き合うには]
強迫性障害を克服するのは容易な事ではなく、その症状も日常生活に影響を及ぼす程非常に辛いものなので、治療に際しては根気強く行うことが重要です。一例を挙げますと、石鹸一個が全部無くなってしまうまで手を洗い続け、強迫観念の為に何回手を洗っても気がすまない状態が続くのです。きっと普通の人が見たらその異常な行動に驚かれる事でしょう。強迫性障害の治療法としては、薬物治療と行動療法が一般的になっていますが、オルゴール療法... [続きを読む]

受信: 2010年10月 5日 (火) 03時00分

« 光で麻痺した手足を動かすことができる | トップページ | デバイスラグ問題と日本の「ノーリスク志向」 »