« ゲルに電極を印刷 細胞や組織になじむ電気デバイスを開発 | トップページ | ミトコンドリア変異で排除 iPS細胞でも拒絶反応か »

2010年10月13日 (水)

筋肉分子の“2足歩行”直接撮影に成功

筋肉分子の“2足歩行”直接撮影に成功
2010年10月12日 Science Portal

詳細は、リンクを参照して下さい。


>筋肉の動きを分子レベルで直接、撮影する
>ことに金沢大学の研究グループが初めて
>成功した。
 この成果は原子間力顕微鏡の可視化速度を
約1,000倍高める改良により可能となった」
とのこと。
1,000倍とはすごいですね。
どういう工夫をしたのでしょうか?

原子間力顕微鏡はナノテクノロジーの
>発展にも大きな貢献が期待できる、
>と研究グループは言っている。
と言っております。期待しましょう。

詳細内容は記事の下段に
科学技術振興機構 プレスリリースへの
リンクがありますので見てください。

|

« ゲルに電極を印刷 細胞や組織になじむ電気デバイスを開発 | トップページ | ミトコンドリア変異で排除 iPS細胞でも拒絶反応か »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

自分は、新しいDNAの突然変異かもしれない

投稿: まこと | 2012年3月24日 (土) 06時23分

まこと さんコメントありがとうございます。

すみません。
状況がわからないのでコメントできません。
そうかも知れません、そうでないかも知れません。

投稿: haredasu | 2012年3月25日 (日) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49731209

この記事へのトラックバック一覧です: 筋肉分子の“2足歩行”直接撮影に成功:

« ゲルに電極を印刷 細胞や組織になじむ電気デバイスを開発 | トップページ | ミトコンドリア変異で排除 iPS細胞でも拒絶反応か »