« iPadで全国どこでも市民大学院 京で来春“開校” | トップページ | アメリカ人は単細胞だしイギリス人は紳士面…そんな小沢氏の「逆襲」に »

2010年9月 1日 (水)

Vol. 266 プロフェッショナル・オートノミー:日本医師会の情報操作と医療界のガラパゴス化

Vol.266 プロフェッショナル・オートノミー
:日本医師会の情報操作と医療界の
ガラパゴス化

健保連 大阪中央病院 顧問 平岡 諦
2010年8月19日
MRIC by 医療ガバナンス学会

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 日本のプロフェッショナル・オートノミー
は、世界のprofessional autonomyとまったく
「似て非なるもの」である。

 その違いの元は「患者の人権擁護を医療
倫理の第一」とするかどうかである。

 時の権力・その他からの「患者の人権侵害」
を擁護するために必要とされるのが
professional autonomyである。

 「患者の人権擁護を医療倫理の第一」と
することによりprofessional autonomyを
維持・実践することが医療倫理となる。

 それを維持・実践しなければ医療倫理違反
となる。
 医療倫理は「個人の努力まかせ」では守れ
なかった。
 「個人の努力だけでなく、システムで補完」
するための医師集団内のシステムが
self-regulationである。
 「個人の努力だけでなく、システムで補完」
しようという考え方は医療安全と同じである。

 日本の医療界は「患者の人権擁護を医療
倫理の第一」とすることを宣言(profess)
していない。

 だから日本のプロフェッショナル・
オートノミーは「患者の人権擁護」のため
ではない。
 だから国民や患者から支持されない。
 そして日本の医療界は閉塞状態から抜け
出せない。

 なぜこうなったのか。
 それはつぎの構図による。

日本医師会の国内向け情報操作
  ↓
日本語という壁による「世界の常識」からの
鎖国状態
  ↓
日本の医療界の「ガラパゴス化」
  ↓
日本の医療界の閉塞状況(医療不信、
医療崩壊)、である。

 インフォームド・コンセントやセカンド・
オピニオンを知らない医師はいないだろう。

 しかし世界医師会(WMA)のいう
「professional autonomy and self-
regulation」が「患者の人権擁護のための
システム」、「医療倫理の遵守のための
システム」だということを日本の医師は
知っているだろうか。

 「世界の常識」を知らない(あるいは知ら
されていない)日本の医療界、これこそが
「鎖国状態」と呼ぶべき状況である。

 そして独特のプロフェッショナル・
オートノミーを発展させている。
 これが「ガラパゴス化」である。
 そして、閉塞状況から抜け出せないのだ。
---------------------------------------

信じられないというのが私の感想です。
世界の医療界はあるべきことを言っている
と思われます。

それなのに、
>日本の医療界は「患者の人権擁護を医療
>倫理の第一」とすることを宣言(profess)
>していない。
そうです。

どうしてでしょうか?
何故日本の医師会は宣言しないのでしょう?

何か不都合があるのでしょうか?

不思議でなりません。
大問題ではありませんか、
医の根本です。その考え方に相違がある。
世界の常識とはずれている。
なのに依然として変わらないとは?

|

« iPadで全国どこでも市民大学院 京で来春“開校” | トップページ | アメリカ人は単細胞だしイギリス人は紳士面…そんな小沢氏の「逆襲」に »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49314498

この記事へのトラックバック一覧です: Vol. 266 プロフェッショナル・オートノミー:日本医師会の情報操作と医療界のガラパゴス化:

« iPadで全国どこでも市民大学院 京で来春“開校” | トップページ | アメリカ人は単細胞だしイギリス人は紳士面…そんな小沢氏の「逆襲」に »