« マウス体細胞クローンの産子出生効率が10倍近くも改善 | トップページ | スタンフォード大学:圧力を感じるゴム製の 人工皮膚 を開発 »

2010年9月20日 (月)

近視(近眼)の原因遺伝子を発見

近視(近眼)の原因遺伝子を発見
hakuraidouの投稿 (9月 16, 2010)

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 近視の兆候は、多くの場合子どもの
うちに現れます。

 原因のうち生活習慣などの後天的因子と
遺伝がどれほどを占めるかは人により
異なりますが、特にひどい近視の人々では、
80%が遺伝的要因によるものと言われて
います。

 ネイチャー ジェネティクス誌に発表
された2つの別々に行われた研究で、近視
の人に多く見られるDNAのバリエーションが
発見されました。

 キングス・カレッジ・ロンドンの
Chris Hammond博士はChromosome 15
(第15染色体)の中の1つのセクションが、
近視の人に多く見られることを発見し、
ロッテルダムのErasmus MC(エラスムス
大学付属病院)のCaroline Klaver博士も、
やはり第15染色体にある別のセクションが、
近視と関連することを発見したそうです。

 この近視の人と近視でない人の間にある
DNAの違いは、眼球の成長をコントロールし
目に入った光が網膜で電気信号に変換される
ことを保障する3つの遺伝子の働きに影響
すると考えられます。

 つまり、近視になりつつある子どもでは
この3つの遺伝子がうまく働いていない
ため、眼球が「育ちすぎて」しまっている
ようなので、この段階で眼球の成長を
コントロールできれば、近視の進行を防ぐ
ことができます。

 Hammond博士は「点眼薬や錠剤などで
ブロックすることができる経路を見つけ、
脳の発達や身体のほかの過程をさまたげず
に眼球の育ちすぎを止めることができれば、
と期待しています」と語っていますが、
眼球がすでに成長しきってしまっている
大人の近視は、子どもと比べ治療することは
難しいとのことです。
---------------------------------------

なんにでも、遺伝子が関連している?

>眼球が成長しきってしまうと治療が
>難しいとのことですが、眼球の成長を
>コントロールするということが本当に
>出来るのでしょうか。
難しそうですよね。本当にできるのかな?
禁止を手術で直す方が現実的なような?

>近視の80%は遺伝的要因ですが、
>その他の20%は環境要因ということ
>でいいのでしょうか。
環境要因はもっとありそうな気がします。

視力が3.0もあった人が日本に来て
何年もしないうちに視力が低下した話を
聞いたような?

一般的に言っても近視は昔より
ずっと増えている。
これは環境要因では?


>少しでも近視にならないためにも、
>自然の光のなかで、遠くのものを見る
>機会をもつといいと言えるかも
>しれませんね。
>ただ、紫外線は目にはよくないと
>いわれていますので、何だか難しい
>気もします。
目を守るのは難しい。

|

« マウス体細胞クローンの産子出生効率が10倍近くも改善 | トップページ | スタンフォード大学:圧力を感じるゴム製の 人工皮膚 を開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49506494

この記事へのトラックバック一覧です: 近視(近眼)の原因遺伝子を発見:

« マウス体細胞クローンの産子出生効率が10倍近くも改善 | トップページ | スタンフォード大学:圧力を感じるゴム製の 人工皮膚 を開発 »