« 環境保護に熱心な英国政府、保護鳥1羽でデータセンター工事も中断 | トップページ | 広がる医療大麻 財政再建を狙う市も »

2010年9月 1日 (水)

致死率高い鳥インフル、人間に感染しやすい型に変異

致死率高い鳥インフル、人間に感染
しやすい型に変異

2010年9月1日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 人に感染すると6割近い致死率を示す
高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)が、
インドネシアで豚に感染し、一部が人ののど
や鼻の細胞に感染しやすいウイルスに変異
したことがわかった。

 解析した東京大医科学研究所の河岡義裕
教授らの研究チームは、致死性の高い新型
インフル出現に備え、豚インフルの監視の
必要性を強調している。

 これまで見つかった高病原性鳥インフル
は人には感染しにくいが、人に感染しやすい
高病原性の新たなインフルの出現が懸念
されていた。

 豚は鳥型インフルにもヒト型インフルにも
感染するため、豚の体内で、人に感染
しやすく変異したとみられる。

 高病原性鳥インフルは、豚では症状を
起こしにくく、感染した豚は無症状だった
ため、気づかないうちに広がった可能性が
ある。

 河岡さんは「高病原性で人に感染しやすい
ウイルスが知らぬ間に広がる恐れがあり、
症状がなくても豚のウイルス検査をきちんと
実施すべきだ」と話す。

 調査結果は米疾病対策センター(CDC)
の専門誌「新興感染症」電子版で報告された。
(大岩ゆり)
---------------------------------------

恐ろしい話です。

もう既に人に感染しやすい高病原性鳥
インフルエンザ(H5N1)ウイルスが
インドネシアの豚で発見されたようです。

発見されたウイルスの毒性は豚とか、人
にとっては、余り高くないものということ
なのでしょうか?

危険性はどの程度なのでしょう?
気になりますね。

きちんと監視していかないと大変なことに
なることは確実です。

ある意味時間の問題です。

地震と同じですね。
起こることは確実なのだけれど、
どこか他人事になってしまう。

|

« 環境保護に熱心な英国政府、保護鳥1羽でデータセンター工事も中断 | トップページ | 広がる医療大麻 財政再建を狙う市も »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49313438

この記事へのトラックバック一覧です: 致死率高い鳥インフル、人間に感染しやすい型に変異:

« 環境保護に熱心な英国政府、保護鳥1羽でデータセンター工事も中断 | トップページ | 広がる医療大麻 財政再建を狙う市も »