« 世界最高性能の薄型コンデンサを開発 | トップページ | Vol. 292 厚労省はどこまで「Gメン」を強化すれば気が済むのか »

2010年9月15日 (水)

ミドリムシ:使う細胞だけ抽出・運搬、名古屋大のチーム考案 がん検出など応用も

ミドリムシ:使う細胞だけ抽出・運搬、
名古屋大のチーム考案 がん検出など応用も

毎日新聞 2010年9月15日 東京夕刊

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 植物と動物の性質を併せ持つミドリムシに、
目的の細胞だけを抽出・運搬させる方法を、
名古屋大の馬場嘉信教授と岡本行広・助教
のチームが考案した。

 患者の検体からがん細胞や病原体を検出
したり、再生医療で必要な細胞だけを分離
するのに役立つ可能性があるという。

 16日、仙台市で開催中の日本分析
化学会で発表する。【須田桃子】

 チームは、ミドリムシが光合成で自ら栄養
を作り出すため簡単に培養でき、光に反応
して液体中を移動する性質に着目した。

 実験では、特定の細胞を認識する分子など
をミドリムシの表面に付着させた。
 その上で、二つの容器を約5センチの管で
つなぎ、一方の容器に、2種類の疑似細胞
(蛍光物質)各2万個と、ミドリムシ
3000匹を投入。
 ミドリムシは2種類のうちの目的として
いた疑似細胞のみをくっつけ、光を当てる
と、もう一方の容器に移動した。
 約90分後、その疑似細胞は自然に
ミドリムシから離れ、35%にあたる
約7000個の疑似細胞を回収することに
成功した。
 疑似細胞には他の物質は付着しておらず、
ほぼ100%の純度だった。

 岡本助教は「基本的にあらゆる細胞に
適用できる。
 ミドリムシは安価に大量培養できるので、
医療機器の不足しがちな途上国で病気の
診断や再生医療に応用できるかもしれない」
と話す。
---------------------------------------

面白いですね。
特定の細胞のみをミドリムシに運ばせる
とは、

つい先日紹介した半田ビーズとちょっと
似てますね。

あちらは、タンパクでしたが、
こちらは細胞

あちらは、磁石で
こちらは、光

|

« 世界最高性能の薄型コンデンサを開発 | トップページ | Vol. 292 厚労省はどこまで「Gメン」を強化すれば気が済むのか »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49455910

この記事へのトラックバック一覧です: ミドリムシ:使う細胞だけ抽出・運搬、名古屋大のチーム考案 がん検出など応用も:

« 世界最高性能の薄型コンデンサを開発 | トップページ | Vol. 292 厚労省はどこまで「Gメン」を強化すれば気が済むのか »