« 救急医療の「理想郷」づくりを目指す岐阜大医学部教授 小倉真治さん | トップページ | インテグラルイメージング方式の裸眼3Dディスプレイ - 東芝 »

2010年9月 9日 (木)

植物の物質吸収のメカニズム ヒョウタンゴケが金を蓄積

植物の物質吸収のメカニズム ヒョウタン
ゴケが金を蓄積

2010.09.08配信 sciencenews

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 理化学研究所植物科学研究センターは、
ヒョウタンゴケと呼ばれるコケの一種が、
金を選択的に体内に取り込むことを発見
しました。

 研究に使ったのはヒョウタンゴケの原糸体
で、乾燥重量あたりおよそ10パーセントの
金を蓄積します。
 金以外のレアメタルを回収するため、
ヒョウタンゴケの新たな品種開発を行って
います。
---------------------------------------

面白い研究ですね。

そもそもは、焼却灰に含まれる鉛の回収
が目的だったらしい。

それが、金も取り込む性質を持っている
ことがわかった。

生物は不思議ですね。

究極は、何故取り込むのかを明らかに
したいとのことです。

何故、何のためなのでしょう?
意味なく取り込むとは思えませんので、
何か自身の役にたてているのだとは
思いますが、

|

« 救急医療の「理想郷」づくりを目指す岐阜大医学部教授 小倉真治さん | トップページ | インテグラルイメージング方式の裸眼3Dディスプレイ - 東芝 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49396605

この記事へのトラックバック一覧です: 植物の物質吸収のメカニズム ヒョウタンゴケが金を蓄積:

« 救急医療の「理想郷」づくりを目指す岐阜大医学部教授 小倉真治さん | トップページ | インテグラルイメージング方式の裸眼3Dディスプレイ - 東芝 »