« 我が国のゲノム研究の遅れは、アカデミアの先見性と構想力の不足も一因 | トップページ | サハラ砂漠に降り注ぐ太陽が欧州の重要な電力源に? »

2010年9月21日 (火)

体内の手術のポイントを可視化 最新手術ナビゲーションシステム完成

体内の手術のポイントを可視化
最新手術ナビゲーションシステム完成

2010.09.21配信 sciencenews

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 手術中に血液やリンパ液の流れが白く
光るカラーで映し出されるシステムが完成
しました。

 検査試薬を投与した後に近赤外線を照射
することで、血流やリンパ液、さらに肝臓
がんの患部まで可視化に成功したこの手術
ナビゲーションシステムに、いま注目が
集まっています。
---------------------------------------

良さそうです。

血流やリンパ液、さらに肝臓がんの患部
まで可視化出来る。
素晴らしいと思います。

放射線を使用するのと違って大がかりな
装置もいりませんし、放射線被曝の影響も
皆無。

グッドアイディアですね。

|

« 我が国のゲノム研究の遅れは、アカデミアの先見性と構想力の不足も一因 | トップページ | サハラ砂漠に降り注ぐ太陽が欧州の重要な電力源に? »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49519184

この記事へのトラックバック一覧です: 体内の手術のポイントを可視化 最新手術ナビゲーションシステム完成:

« 我が国のゲノム研究の遅れは、アカデミアの先見性と構想力の不足も一因 | トップページ | サハラ砂漠に降り注ぐ太陽が欧州の重要な電力源に? »