« 太陽光は「地域ぐるみ」が使いやすい 先進的であるがゆえの難題「電力品質問題」を解決する | トップページ | Ero1酵素の構造 世界で初めて解明 »

2010年9月12日 (日)

東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報

東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症
治療学寄附講座ブログに下記更新情報が
ありましたので、載せておきます。

1.髄鞘再生

詳細は、リンクを参照して下さい。

髄鞘再生については、以前の投稿
多発性硬化症の治らない原因を特定
において髄鞘再生を妨げるTIP30分子が
関与しているという研究を紹介しましたが、
今回はこの件に加えて、
---------------------------------------
 Dr. Sha Miが見出したオリゴデンドロ
サイト前駆細胞に発現するLINGO-1という
分子はオリゴデンドロサイトの分化と髄鞘
形成を阻害している分子であり、この分子に
結合する抗体を用いてその機能を阻害する
ことで、MSの脱髄病変における再髄鞘化が
促せる可能性があるということです。
---------------------------------------

>今日のお二人のご講演を聴いていて、近い
>将来再髄鞘化を促す治療法が必ず開発
>されるであろうことを確信しました。
>とても勉強になるいい講演会でした。
とのことです。

実現されると良いですね。

|

« 太陽光は「地域ぐるみ」が使いやすい 先進的であるがゆえの難題「電力品質問題」を解決する | トップページ | Ero1酵素の構造 世界で初めて解明 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49423951

この記事へのトラックバック一覧です: 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報:

« 太陽光は「地域ぐるみ」が使いやすい 先進的であるがゆえの難題「電力品質問題」を解決する | トップページ | Ero1酵素の構造 世界で初めて解明 »