« 特定の悪性黒色腫に新薬、投与受けた80%に効果 米研究 | トップページ | Vol. 266 プロフェッショナル・オートノミー:日本医師会の情報操作と医療界のガラパゴス化 »

2010年9月 1日 (水)

iPadで全国どこでも市民大学院 京で来春“開校”

iPadで全国どこでも市民大学院 京で
来春“開校”

平成22年9月1日 京都新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 地域の文化を生かしたまちづくりの担い手
を育てる市民大学院「文化政策・まちづくり
大学校」が来年4月、京都市で開講する。

 いつでもどこでも、新型マルチメディア
端末「iPad(アイパッド)」などの電子
機器で講義や教材を学べるようにし、現代版
の「私塾」「寺子屋」を全国に広げる。

 市民大学院の代表は文化経済学が専門の
池上惇京都大名誉教授(77)が務める。

 まちづくりコーディネーターを志す若い
世代、地域で活動する中高年、地域に根ざ
した創造的経営を目指す企業人たちに受講
を呼び掛ける。

 池上さんは、通信制大学院大学の開設も
準備しているが、学校法人の制約がなく、
より柔軟なカリキュラムが可能になる市民
大学院での人材育成を先行することにした。

 修士や博士号は取れないが、論文の刊行を
奨励し、大学での論文博士取得を支援する。

 池上さんは「ボランティアベースで費用を
抑え、多くの人が受講できるようにしたい」
と話し、京都市内を対象に、地域に根差した
教育を支援する出張授業も計画している。

 9月10日午後2時から、旧成徳中で成徳
学舎開校記念講演会を開く。
 当日受け付けで参加無料。
 詳細は池上さんのブログ
http://kotoba.ruskincollege.org/
---------------------------------------

良い活動だと思います。
iPadである必要はないと思います。
iPadが適するデバイスであれば、それを利用
するのはよいことですが、
肝心なのは、教育の場を広く提供すること。

東大、小柴昌俊氏や安藤忠雄氏による
112の講義をiTunes U上で無償公開

というのもありますね。
広がって欲しいし、できれば、学位を
とれるようになれば、さらによいと思い
ます。

|

« 特定の悪性黒色腫に新薬、投与受けた80%に効果 米研究 | トップページ | Vol. 266 プロフェッショナル・オートノミー:日本医師会の情報操作と医療界のガラパゴス化 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPadで全国どこでも市民大学院 京で来春“開校”:

« 特定の悪性黒色腫に新薬、投与受けた80%に効果 米研究 | トップページ | Vol. 266 プロフェッショナル・オートノミー:日本医師会の情報操作と医療界のガラパゴス化 »