« 「政府の借金は内国債だから問題ない」は本当か? | トップページ | 網膜に直接映像を投影するメガネ型シースルーディスプレー »

2010年9月16日 (木)

臍帯血から、がん死滅の免疫細胞 治療法開発に期待

臍帯血から、がん死滅の免疫細胞
治療法開発に期待

2010/09/15 17:46 【共同通信】
47news

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 ヒトのへその緒にある臍帯をもとに作製
した免疫細胞が、がん細胞の中に入り込んで
内部から細胞を死滅させたと林原生物化学
研究所(岡山市)が15日発表した。

 こうした現象が確認されたのは世界で
初めて。
 新たながん治療法の開発が期待される
という。

 この免疫細胞は2006年に同研究所が
発見し「HOZOT(ホゾティ)」と
名付けた。

 研究で、ヒトのがん細胞とHOZOTを
まぜたところ、HOZOTががん細胞に
近づき、侵入。

 その後、約2~4時間で徐々にHOZOT
が死滅し始め、同時にがん細胞の生存率も
低下した。
 死滅したHOZOTから細胞を死に至ら
せる物質が漏れ、がん細胞の構造を壊す
のが原因とみられる。
 正常な細胞には侵入しなかった。

 記者会見した同研究所の竹内誠人主任
研究員は「がん患者の血液で、HOZOT
と同様の働きを持つ細胞を作りだし、治療
につなげたい」と話した。
 5~6年後をめどに臨床研究を始めたい
としている。

 研究結果は22日から大阪市で開かれる
日本癌学会で報告する。
---------------------------------------

ヒトのへその緒にある臍帯をもとに作製した
免疫細胞ってどんな種類の免疫細胞なんで
しょうか?

どんな種類のガンに有効なのでしょうか?

詳細はよくわかりませんが、
期待できそうですね。

|

« 「政府の借金は内国債だから問題ない」は本当か? | トップページ | 網膜に直接映像を投影するメガネ型シースルーディスプレー »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49465920

この記事へのトラックバック一覧です: 臍帯血から、がん死滅の免疫細胞 治療法開発に期待:

« 「政府の借金は内国債だから問題ない」は本当か? | トップページ | 網膜に直接映像を投影するメガネ型シースルーディスプレー »