« 血中善玉コレステロール、調節の遺伝子発見 京大 | トップページ | 名古屋議定書:遺伝資源の利益配分、当事者に一任 「原産国と利用国で」◇国連作業部会 »

2010年9月23日 (木)

造血幹細胞や免疫細胞を造る司令塔細胞(ニッシェ)の正体をつきとめました

造血幹細胞や免疫細胞を造る司令塔細胞
(ニッシェ)の正体をつきとめました

2010年9月17日 京都大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

>“造血幹細胞や免疫細胞を造る司令塔
>細胞(ニッシェ)の実体”という免疫学
>・血液学における長年の謎が明らかに
>なった。
とのことです。

ニッシェは造血幹細胞の維持や分化を制御
する機能を持っている。

この実体が明らかになったことから、
造血幹細胞から分化する細胞にかかわる
疾患の治療法開発に大きく貢献するものと
思われます。

今後に期待します。

|

« 血中善玉コレステロール、調節の遺伝子発見 京大 | トップページ | 名古屋議定書:遺伝資源の利益配分、当事者に一任 「原産国と利用国で」◇国連作業部会 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49539242

この記事へのトラックバック一覧です: 造血幹細胞や免疫細胞を造る司令塔細胞(ニッシェ)の正体をつきとめました:

« 血中善玉コレステロール、調節の遺伝子発見 京大 | トップページ | 名古屋議定書:遺伝資源の利益配分、当事者に一任 「原産国と利用国で」◇国連作業部会 »