« 円高より怖い「レアアース」危機 | トップページ | ONSTIM 試験:後頭神経刺激療法 の成績を Medtronic が報告 »

2010年9月30日 (木)

MITが僻地の医療状況を改善する アンドロイド アプリ を開発

MITが僻地の医療状況を改善する
アンドロイド アプリ を開発

2010年9月29日 medTech News

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 MITの学生&教員チームが、僻地に住む
患者さんでも医療を受けられるように
オープンソースのソフトウェアシステムを
開発しました。

 ソフトウェアの名前は SANA 。

 アンドロイド 端末で稼働します。

 このソフトの使い方は、まず僻地の
クリニックで働くスタッフが患者さんの
写真やビデオを撮影し、データベースに
送信します。

 送信された写真やビデオは、医師が
確認し、予備診断が行われます。

 診断結果は、メールにて僻地の
スタッフのもとに送信されます。

SANAは、X線写真や超音波画像なども
アップロードできるという点で、
ほかの医療画像共有サービスとは異なる
とのことです。
 さらに、SANAはオープンソースになって
いるので、地域や疾患ごとにカスタマイズ
できるそうです。

 今後の課題は、患者さんのプライバシー
保護のための暗号化と、アンドロイド端末
の価格が高いこと、だそうです。

 すでにSANAによる診断が成功したという
報告があるようですし、今後もっと広く
SANAが利用されるようになるといい
ですね~。

 アンドロイド アプリ がApple アプリを
しのぐときがくるかもしれませんね。
---------------------------------------

いつもながら米国は新しいものに対して対応が
早いですね。

もうアンドロイド アプリ を開発して利用を始めた
ようです。

感心してしまいます。
米国には追いつけません?
そんなことはない挑戦しましょう。

|

« 円高より怖い「レアアース」危機 | トップページ | ONSTIM 試験:後頭神経刺激療法 の成績を Medtronic が報告 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49605176

この記事へのトラックバック一覧です: MITが僻地の医療状況を改善する アンドロイド アプリ を開発:

« 円高より怖い「レアアース」危機 | トップページ | ONSTIM 試験:後頭神経刺激療法 の成績を Medtronic が報告 »