« 使えば使うほど「脳」強くなる、ホルモン取り込み仕組みを発見 | トップページ | 狙ってつかむ 半田ビーズ »

2010年9月13日 (月)

ES細胞からの小脳ニューロンの産生と移植に成功

ES細胞からの小脳ニューロンの産生と
移植に成功
-脊髄小脳変性症の原因研究と治療法
開発の加速に期待-

平成22年9月13日
独立行政法人 理化学研究所

リンクを参照して下さい。
詳細はリリース本文(詳細)を

---------------------------------------
 私たちが体のバランスを取りながら
スムーズな動きをしたり、書字やピアノ演奏
などの緻密な運動を習得するのは、脳の中枢
機能の1つである小脳の機能によって実現
されています。

 この小脳の機能が損傷すると、強い運動
障害が起こり、ふらつき、歩行障害、ろれつ
が回らない発音障害など、日常生活に支障を
きたすことになります。

 代表的な病気として、小脳神経細胞が
ゆっくりと変性して細胞死を起こし、減少
するために発症する「脊髄小脳変性症」が
知られています。

 映画・ドラマ化された「1リットルの涙」
の著者の少女がこの難病を患っていたこと
でも有名ですが、現在でも治療法のない
難病の1つです。

 発生・再生科学総合研究センターの器官
発生研究グループは、マウスのES細胞から
この小脳の神経組織へと選択的に分化誘導
させることに世界で初めて成功しました。

 研究グループは、大脳の分化のために開発
してきた無血清浮遊培養法を改良して、
胚発生の過程で小脳の発生環境を試験管内で
再現させる方法を確立し、ES細胞の約8割を
小脳幹細胞に、さらにその約3割を小脳
プルキンエ細胞に分化誘導しました。

 さらに、株式会社のカン研究所と共同で
開発した技術で、分化誘導した小脳
プルキンエ細胞を約9割に純化させ、マウス
胎仔の小脳に移植し、小脳プルキンエ細胞が
小脳組織に生着するだけでなく小脳回路に
正確に組み込まれることを実証しました。

 これまで、試験管内での研究すら難し
かった脊髄小脳変性症の原因研究や治療法
の開発に新たなツールを提供するとともに、
長期的には小脳も移植治療の対象となりうる
可能性を示しました。
---------------------------------------

久しぶりの大きな進展のように思います。

小脳移植までにはかなりの時間がかかるで
しょうが、いままでは、その可能性すら
なかったわけですから、大きな進歩だと
思います。

|

« 使えば使うほど「脳」強くなる、ホルモン取り込み仕組みを発見 | トップページ | 狙ってつかむ 半田ビーズ »

脊髄小脳変性症関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

haredasu さん、おはようございます。
本当に医療や科学って凄いですね。一つでも多くの希望のもてる研究成果。
そして、治療法の確立を期待します。
今日は、「歯茎からiPS細胞作製に成功」という大阪大と京都大のチームの研究成果のニュースがありますね。

投稿: H!ro^ ^ | 2010年9月15日 (水) 09時25分

そうですね。
いろいろいあって、日進月歩。

どの研究が大きな成果を生む元になるものなのか
迷います。

何を紹介したらよいのか?
注目しておいた方が良いと思うものを載せている
つもりなんですが、

投稿: haredasu | 2010年9月15日 (水) 14時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49436398

この記事へのトラックバック一覧です: ES細胞からの小脳ニューロンの産生と移植に成功:

« 使えば使うほど「脳」強くなる、ホルモン取り込み仕組みを発見 | トップページ | 狙ってつかむ 半田ビーズ »