« 植物の物質吸収のメカニズム ヒョウタンゴケが金を蓄積 | トップページ | 多発性硬化症」の Google ニュース アラート »

2010年9月 9日 (木)

インテグラルイメージング方式の裸眼3Dディスプレイ - 東芝

インテグラルイメージング方式の
裸眼3Dディスプレイ - 東芝

9 SEPTEMBER 2010 diginfo.tv

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 東芝は、CEDEC 2010において、眼鏡を
使わずに立体映像を見ることができる
インテグラルイメージング方式の裸眼3D
ディスプレイを展示紹介しました。

 従来のメガネを使用するフレームシーケン
シャル方式が左目用と右目用の二つの映像の
視差を利用するのに対して、インテグラル
イメージング方式では、角度が異なる多数の
光を出すことで、専用のメガネがなくても、
立体的な映像を再現することができます。

 多視差を有していることから、見る人の
視点移動に合わせて見える映像も変化します。
 また、長時間使用しても目の疲労が格段に
少ないという特徴があります。

 インテグラルイメージング方式は、空間
分割により多視差表示するため、ディス
プレイの画素数に対して視差数分だけ3D表示
画面の精細度が低くなることが課題となって
いましたが、低温ポリシリコン技術を用いた
超高精細画面と組み合わせることでこの課題
を解決し、高精細で大画面の3Dディスプレイ
を実現しています。

 広告やゲームなどでの使用を想定しており、
最終的にはテレビやPCモニタにも拡げていき
たいということです。
---------------------------------------

面白いですね。

3D映画もテレビも不評のようです。
そう思いますね。
だいたい3Dに適する動画はあまりないと
思いますし、いちいち専用眼鏡をかけないと
いけないというのは面倒。
そうまでして見たいものとは?
となりますよね。

でも、この方式は面白そう。
ゲームとか、広告には良いかもしれません。

|

« 植物の物質吸収のメカニズム ヒョウタンゴケが金を蓄積 | トップページ | 多発性硬化症」の Google ニュース アラート »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49396730

この記事へのトラックバック一覧です: インテグラルイメージング方式の裸眼3Dディスプレイ - 東芝:

« 植物の物質吸収のメカニズム ヒョウタンゴケが金を蓄積 | トップページ | 多発性硬化症」の Google ニュース アラート »