« 住宅用太陽光発電システムの選び方 | トップページ | 「国策に奉仕する医療」との決別を! »

2010年9月18日 (土)

千葉工大、可搬重量100kgの大型2足歩行ロボット「core」を開発

千葉工大、可搬重量100kgの大型2足歩行
ロボット「core」を開発

2010/09/17 マイコミジャーナル

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画もあります。

---------------------------------------
 千葉工業大学・未来ロボット技術研究
センター(fuRo)は9月16日、新規開発した
大型2足歩行ロボット「core(コア)」を
発表、報道陣に公開した。

 全高1.9m、重量230kgという、下半身型の
プロトタイプロボット。
 関節用モーターなどを独自開発すること
で、可搬重量100kgという、2足歩行ロボット
としては世界最大クラスの運搬性能を実現
した。
---------------------------------------

この種のニュースは最近沢山出ていますね。
例えば、
働く人間型ロボット研究開発用プラット
フォームHRP-4を開発

とか、

可搬重量100kgというのはすごいです。
自重が230kgですから、総重量330kg。

歩行時の着地の衝撃の吸収大変なんですね。
もし、倒れて下敷きになったりしたら
これまた大変。

二足歩行の意味はどういう所にあるので
しょうか? 段差のある道でも走行可能、
他には?

>「これは1つのランドマークの
>プロジェクト。ここで開発した技術や
>部品は、将来の福祉・介護ロボット、
>あるいはパーソナルモビリティなどで
>必ず使えるものになる」
そうなるよう期待しています。

今すぐ、利用可能な障害者向けの補助具も
開発して貰えたら有難い。

困ってる人は多いはずだから、

|

« 住宅用太陽光発電システムの選び方 | トップページ | 「国策に奉仕する医療」との決別を! »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49485560

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉工大、可搬重量100kgの大型2足歩行ロボット「core」を開発:

« 住宅用太陽光発電システムの選び方 | トップページ | 「国策に奉仕する医療」との決別を! »