« 転換期を迎えるワクチン行政 | トップページ | 町の文房具屋から、年商30億円企業へ――山崎文栄堂を変えた“徹底ルール” »

2010年8月21日 (土)

2.4億円退職金「問題と思わぬ」大阪府民共済前理事長

2.4億円退職金「問題と思わぬ」大阪府民
共済前理事長

2010年8月20日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

貴重な年金を使ってしまったという話とか、
あきれた無駄遣いが数多くあってやりきれ
ないです。


>前理事長は「問題だとは思わない」と
>強気の姿勢を崩さなかった。
良く理解できない。


>役員報酬を理事長が自ら決める仕組み
>を改める考えを示した
当然でしょう。


>府民共済は税金で優遇を受けている
>非営利団体。民間企業より、透明性
>が求められるのは当たり前。
>常識をもってほしい
民間企業の厳しさを知らない人に常識を
求めても無理なのでは?

法律ないし、それに準ずるもので規制
しないと駄目でしょう。

直接税金を投入しているところの規制
すらまともに出来ていない状況では
大変難しいとは思いますが、
法律をつくる議員がたよりないので、


税金の無駄遣いは多分知られていない
だけで、ものすごく沢山あるのだと思う。

金額的にはたいしたものではないのかも
しれないけれど、ちりも積もればなんとやら、

いうこともあるので、無駄は許さない。
と言う姿勢が必要ですね。

ただ、何を無駄と判断するのかについては、
その理由を含めて透明にしないと、
とんでもないことになりかねないので注意
が必要と思います。

関連記事です。
退職金2・5億規則なし、
月給360万も独断

2010年8月20日09時52分 読売新聞
あきれますよね。

|

« 転換期を迎えるワクチン行政 | トップページ | 町の文房具屋から、年商30億円企業へ――山崎文栄堂を変えた“徹底ルール” »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2.4億円退職金「問題と思わぬ」大阪府民共済前理事長:

» 読売新聞 大阪府民共済 [忙しい人でもすぐ読めるニュース]
ワールドニュース Twitterまとめブログ: 2010-08-20 府民共済前理事長、退職金を一部返納へ 「寄付しようと思う分を返納」: 大阪府民共済生活協同組合(大阪市)が正規の手続きを経ず、松本一鶯(いちおう)前理事長に約2億5千万円の退職金を支払った問題で、松本前理事長は20日、退職金の... ...(続きを読む) 理解不可能の大阪府民共済 気ままな日記/ウェブリブログ 気ままな日記の理解不可能の大阪府民共済に関する詳細記事。(Powered by BIGLOBEウェブリブログ)今朝の新聞で... [続きを読む]

受信: 2010年8月21日 (土) 18時21分

« 転換期を迎えるワクチン行政 | トップページ | 町の文房具屋から、年商30億円企業へ――山崎文栄堂を変えた“徹底ルール” »