« 脳外科用超微細手術支援システム - 東京大学 | トップページ | メタボローム解析を用いて生命維持機能(頑健性)の仕組みを解明 »

2010年8月23日 (月)

非従来型超伝導体を測定する

非従来型超伝導体を測定する
波としての性質をもつ電子が作り出す干渉
パターンから、鉄系超伝導体の超電導の発現
には微小な原子磁石が重大な役割を果たして
いることが明らかになった

20 August 2010 RIKEN RESERCH

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 室温超伝導の実現は、数十年にわたって
物理学の究極の目標となっている。

 電気抵抗がゼロの実用材料を開発できれば、
物理学の大きな進歩といえるだけでなく、
送電網から電動機まで、さまざまな技術に
革命をもたらすことだろう。

 しかし、約-240℃以上の温度で超伝導と
なるいわゆる「高温」超伝導体の超伝導発現
機構はいまだに不明であり、これまでに
超伝導が観測された最高の温度でも-108℃
である。

 このたび、理研基幹研究所の花栗哲郎専任
研究員らは、科学技術振興機構(JST)、
電気通信大学、東京大学と共同で、2008年に
発見された重要な高温超伝導材料の超伝導
発現機構を明らかにした1。

 研究チームは、電子対の位相とそれに伴う
超伝導ギャップが電子対の運動量に依存する
と仮定した場合、干渉パターンを説明できる
ことを発見した(図2)。

 これは、スピンが電子対形成を媒介して
いることを示している。
 この機構は、理論的には予測されていたが、
実験により実現されたことはなかった。

 今回のデータは、鉄系超伝導体における
スピンの役割を裏付けるものであり、格子
振動に基づかない、従来型超伝導体とは
異なる超伝導発現機構を理解するための
基礎となる。
---------------------------------------

難しいですね~
>今回のデータは、鉄系超伝導体における
>スピンの役割を裏付けるものであり、
>格子振動に基づかない、従来型超伝導体
>とは異なる超伝導発現機構を理解する
>ための基礎となる。
ということで、

室温超伝導の実現に半歩くらいは近づいた
のかな?

もし、室温超伝導が実現出来ればその
恩恵は計り知れないものになるはずです。

身近な所では、磁気浮上式鉄道とか医療
で使われて入るMRIの磁界は超伝導磁石に
よるものです。
でも、超低温を保つことが大変で効率が
とても悪い。

|

« 脳外科用超微細手術支援システム - 東京大学 | トップページ | メタボローム解析を用いて生命維持機能(頑健性)の仕組みを解明 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49228875

この記事へのトラックバック一覧です: 非従来型超伝導体を測定する:

« 脳外科用超微細手術支援システム - 東京大学 | トップページ | メタボローム解析を用いて生命維持機能(頑健性)の仕組みを解明 »