« 法医解剖、大学に重荷 | トップページ | 脊髄損傷のマウス、移植と薬注射で7割回復 奈良先端大 »

2010年8月16日 (月)

アルツハイマーに予防法…ピーマン嫌いはダメかも

アルツハイマーに予防法…ピーマン嫌いは
ダメかも

2010年8月16日14時31分 読売新聞

---------------------------------------
 アルツハイマー病の原因とされるたんぱく
質を含むピーマンを食べると、この病気の
予防につながる効果があることを、東京大学
の石浦章一教授らがマウスの実験で確認した。

 「食べるワクチン」として臨床応用が期待
される。米科学誌に発表した。

 アルツハイマー病の患者の脳(大脳皮質)
には、アミロイド・ベータというたんぱく質
が沈着・凝集し、老人斑ができている。
 これが認知機能の低下などを起こすと
考えられている。

 免疫の働きを利用し、素早く大量の抗体を
作り出してこのたんぱく質を除去させるため、
米国でアミロイド・ベータをワクチンとして
注射する臨床試験が行われたことがあるが、
過剰な免疫反応による副作用が問題となり、
中止になった。

 石浦教授らは、注射でなく食べて腸から
吸収すると、副作用が起こりにくいことに
着目。
 アミロイド・ベータの遺伝子を組み込んだ
ピーマンを作り、その青葉を青汁にして、
アルツハイマー病を発症するように遺伝子を
操作したマウスに与えた。
 何も与えなかったマウスは発症して1年
ほどで死んだが、青汁を与えたマウスは
16か月以上生存、脳に老人斑は見られ
なかった。副作用も少なかった。

 石浦教授によると、アミロイド・ベータ
を含む米などを作れば、人間が食べやすく
なるという。
---------------------------------------

「食べるワクチン」という発想は、
すでに、順天堂大学大学院教授の
田平 武さんが研究されています。

それと同じような発想?

とにかく、食べ物で効果のあるものが
できるのは画期的ですね。
私はピーマンは嫌いなので、アミロイド・
ベータを含む米などを作って貰いたい。

どうしてピーマンなのだろう?
アミロイド・ベータを組み込みやすい?

|

« 法医解剖、大学に重荷 | トップページ | 脊髄損傷のマウス、移植と薬注射で7割回復 奈良先端大 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

ピーマン嫌いなリハビリの先生に言っておきます。笑

投稿: 小笹優子 | 2010年8月16日 (月) 20時05分

コメントありがとう。

私と同じピーマン嫌いなリハの先生によろしく。

投稿: haredasu | 2010年8月20日 (金) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49162245

この記事へのトラックバック一覧です: アルツハイマーに予防法…ピーマン嫌いはダメかも:

« 法医解剖、大学に重荷 | トップページ | 脊髄損傷のマウス、移植と薬注射で7割回復 奈良先端大 »