« 体内埋め込み型血糖値センサー | トップページ | 同伴者に自動的についていくロボット車椅子 »

2010年8月13日 (金)

世界最高の検出感度をもつカルシウムイオンセンサー“カメレオン-Nano”の開発に成功!

世界最高の検出感度をもつカルシウム
イオンセンサー“カメレオン-Nano”の
開発に成功!

(電子科学研究所 教授 永井健治)
平成22年8月9日
北海道大学
理化学研究所

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 このたび、北海道大学電子科学研究所 
永井健治教授らと理化学研究所脳科学総合
研究センターの研究グループは、細胞内の
極微量(nM:ナノモーラ-)レベルの
カルシウムイオン(Ca2+)のわずかな濃度変化
を超高感度に検出することができる蛍光性
Ca2+センサーを開発することに成功しました。

 これにより、従来は捉えることができ
なかった、"細胞種毎の静止期における
カルシウムイオン濃度の違い"や、"大脳皮質
神経活動の高感度検出"、"生きた動物の神経
ネットワークや筋肉組織の活動パターンの
同時計測"、"大規模ネットワークにおける
細胞間シグナル伝達計測"に成功することが
できました。

 今後、カルシウムイオン動態の異常が関連
する、てんかん発作や躁うつ病、循環器疾患、
アレルギー疾患、内分泌異常など様々な疾病
の原因究明や創薬スクリーニングに期待が
持てます。

 本研究成果は、2010年8月8日付け科学誌
「Nature Methods」電子版に掲載されました。
---------------------------------------

素晴らしい成果です。

カルシウムイオン動態の異常に関する疾患
は多いですから、期待できます。

下村博士の緑色蛍光タンパク質(GFP)
の発見から始まった蛍光センサーの技術
は素晴らしい発展を見せています。

一つ前の投稿も関連するものですね。

|

« 体内埋め込み型血糖値センサー | トップページ | 同伴者に自動的についていくロボット車椅子 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49136961

この記事へのトラックバック一覧です: 世界最高の検出感度をもつカルシウムイオンセンサー“カメレオン-Nano”の開発に成功!:

« 体内埋め込み型血糖値センサー | トップページ | 同伴者に自動的についていくロボット車椅子 »