« T-DM1の販売承認を申請、新段階の医薬品の先駆けとなる可能性 | トップページ | RNAアプタマーが標的分子を捕捉する仕組みを発見 »

2010年7月29日 (木)

重粒子線治療の適応となっている疾患について

重粒子線治療の適応となっている疾患について
放射線医学総合研究所

参考情報です。リンクをどうぞ、

重粒子線治療は手術不可のガンに対して
有効な場合があります。
その際の参考情報です。

|

« T-DM1の販売承認を申請、新段階の医薬品の先駆けとなる可能性 | トップページ | RNAアプタマーが標的分子を捕捉する仕組みを発見 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49005289

この記事へのトラックバック一覧です: 重粒子線治療の適応となっている疾患について:

« T-DM1の販売承認を申請、新段階の医薬品の先駆けとなる可能性 | トップページ | RNAアプタマーが標的分子を捕捉する仕組みを発見 »