« クローズアップ2010:「遺伝資源」利益配分 各論対立「持ち越し」 | トップページ | 【隠れた世界企業】四川大地震で活躍した紙技 »

2010年7月18日 (日)

失明もあるベーチェット病、発症は遺伝子変異

失明もあるベーチェット病、発症は遺伝子
変異

2010年7月14日21時51分 読売新聞

---------------------------------------
 横浜市立大や北大などの研究チームは14日、
目や皮膚などに炎症を引き起こし、失明する
こともある難病「ベーチェット病」の発症に
関係する遺伝子を突きとめたと発表した。

 治療薬開発に道を開く成果で、科学誌
「ネイチャー・ジェネティクス」電子版に
発表した。

 ベーチェット病は自己免疫疾患の一つで、
国内には約1万5000人(2002年)の
患者がいる。

 研究チームは、患者612人と健常者
740人のゲノム(全遺伝情報)を、
約50万か所に及ぶ「SNP(スニップ)」
(1塩基の違い)に着目して比較した。

 その結果、患者では、過剰な免疫反応を
抑える生理活性物質「インターロイキン
(IL)10」や、免疫反応を制御する
スイッチ(IL23R、IL12RB2)
の遺伝子変異が多くみられた。
 これらの遺伝子変異によって、免疫反応の
ブレーキがかからず、症状が出ると見られる。

 ベーチェット病は、中東や東アジアなどの
北緯30度~45度付近に住む人々に患者が
多い。今回もトルコ人、韓国人の患者でも
同様の結果が得られた。

 研究チームの大野重昭特任教授は、
「治療薬開発につながる成果。
 近い将来、この病気による失明がなくなる
かもしれない」と話している。
---------------------------------------

殆どの難病は遺伝子異常に起因する
と言って良いようですね。

発症に関わる遺伝子変異を特定できたとの
ことです。

遺伝子解析の技術が進み、安価に解析出来
るようになったことが大きいと思います。

これからも、どんどん解析が進み原因が
特定されて難病が難病でなくなる日が
一日も早く来ることを願っています。

|

« クローズアップ2010:「遺伝資源」利益配分 各論対立「持ち越し」 | トップページ | 【隠れた世界企業】四川大地震で活躍した紙技 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/48905745

この記事へのトラックバック一覧です: 失明もあるベーチェット病、発症は遺伝子変異:

« クローズアップ2010:「遺伝資源」利益配分 各論対立「持ち越し」 | トップページ | 【隠れた世界企業】四川大地震で活躍した紙技 »