« NASA、「最高の火星地図」公開 拡大どこでも自由に | トップページ | このままでいいのか「医学部大量留年」問題 »

2010年7月27日 (火)

病原体の運び屋である吸血ダニに対する生体防御の仕組みを解明

病原体の運び屋である吸血ダニに対する
生体防御の仕組みを解明
-悪玉細胞と思われていた好塩基球がダニ
防御に活躍-

平成22年7月27日
科学技術振興機構(JST)
東京医科歯科大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 JST 課題解決型基礎研究の一環として、
東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科
の烏山 一 教授らは、吸血ダニを生体が
排除する仕組みを調べ、白血球の一種である
好塩基球注1)が吸血ダニに対する生体防御
に非常に重要な役割を果たしていることを
明らかにしました。

 吸血ダニ(マダニ)は、人間や動物に取り
付いて血を吸うだけではなく、細菌
・ウイルス・原虫などの病原微生物を私たち
動物の体に注入して重篤な感染症を引き
起こすため、臨床的にも畜産の上でも重要な
寄生虫です。

 一度ダニ感染を経験した動物は、2度目
以降のダニ感染に対して抵抗力を示して、
ダニが媒介する病原体による感染症にも
かかりにくくなります。
 ダニに対する抵抗力がどのようにできるか
を知ることが感染予防対策上重要ですが、
これまでその仕組みに関してはよく分かって
いませんでした。

 本研究グループは今回、末梢血にわずか
0.5%しか存在しない好塩基球が、ダニ
への抵抗力を獲得するのに必須の役割を果
たしていることを突きとめました。

 具体的には、好塩基球のみを欠損する実験
動物を開発し、それを応用して「一度ダニに
感染すると動物の体にダニに対する抗体が
作られ、再度ダニに感染した場合には、ダニ
抗体で武装した好塩基球が血中から皮膚の
ダニ吸血部位に集合して一斉にダニを攻撃
する」という仕組みを明らかにしました。
---------------------------------------

面白いです。
知らないことだらけですね。

>好塩基球はアレルギーに関与する悪玉細胞
>と考えられていましたが、本研究により、
>好塩基球が寄生虫排除に活躍する善玉細胞
>であることが判明しました。

好塩基球は汚名を晴らせて良かったですね。

ダニが媒介する重篤感染症の制御に向けた
新たな攻略法開発が可能になると良いですね。

|

« NASA、「最高の火星地図」公開 拡大どこでも自由に | トップページ | このままでいいのか「医学部大量留年」問題 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/48988328

この記事へのトラックバック一覧です: 病原体の運び屋である吸血ダニに対する生体防御の仕組みを解明:

» アトピー性皮膚炎は【90日で克服】できる! [アトピーと決別]
27年間、何をしても治らなかった私が【ある方法】を実践することで、わずか90日でアトピーを克服し、その後10年間にわたり再発しなかった【アトピー撃退の真髄】を伝授します。 [続きを読む]

受信: 2010年7月28日 (水) 15時10分

« NASA、「最高の火星地図」公開 拡大どこでも自由に | トップページ | このままでいいのか「医学部大量留年」問題 »