« 論文から見た日本の研究業績低迷明らかに | トップページ | 健康になる手帳の生みの親の医師 本田美和子さん »

2010年7月 7日 (水)

脊髄損傷:安全なiPS細胞移植…マウスの運動機能回復

脊髄損傷:安全なiPS細胞移植…マウスの
運動機能回復

毎日新聞 2010年7月7日

---------------------------------------
 腫瘍(しゅよう)にならない人工多能性
幹細胞(iPS細胞)を選び、脊髄(せき
ずい)を損傷したマウスに移植、運動機能を
回復させることに、岡野栄之・慶応大教授と
山中伸弥・京都大教授の研究チームが成功
した。

 iPS細胞はさまざまな組織や臓器の細胞
になり、再生医療への応用が期待されている
が、腫瘍を作る危険性があった。

 米科学アカデミー紀要(電子版)で発表する。

 研究チームはマウスの脳にiPS細胞を
移植し、半年たっても腫瘍を作らなかった
iPS細胞を選んだ。
 次に、さまざまな神経細胞になる神経幹
細胞に変化させ、脊髄が損傷したマウスに
損傷9日目に50万個移植すると、だめに
なった後ろ脚を使って歩いたりできるまで
に回復した。

 一方、腫瘍化の可能性があるiPS細胞で
同じように実験すると、運動機能は一時的に
回復したが、約5週間後には脊髄内で腫瘍が
形成され、機能も低下した。
 岡野教授は「安全性を厳密に評価すれば、
iPS細胞を将来、脊髄損傷の治療に使える
道が開かれた」と話す。【須田桃子】
---------------------------------------

iPS細胞もかなり臨床に近づいてきた
ようです。

期待したい。

でも、安全性を担保するのは難しそうで
すね。

上記の例では「半年たっても腫瘍を作らなか
ったiPS細胞を選んだ。」
といってますが、半年で良いのか?
その科学的根拠は?

とか色々疑問が湧いてきます。

|

« 論文から見た日本の研究業績低迷明らかに | トップページ | 健康になる手帳の生みの親の医師 本田美和子さん »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/48819200

この記事へのトラックバック一覧です: 脊髄損傷:安全なiPS細胞移植…マウスの運動機能回復:

« 論文から見た日本の研究業績低迷明らかに | トップページ | 健康になる手帳の生みの親の医師 本田美和子さん »