« iPhoneで脳画像、医師が出先で手術判断 | トップページ | 短くなったエイズ発症までの猶予期間 »

2010年7月16日 (金)

筋ジストロフィー発症メカニズムの一端の解明

筋ジストロフィー発症メカニズムの一端の
解明

2010年7月2日 東京都臨床医学総合研究所

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 財団法人 東京都医学研究機構 東京都臨床
医学総合研究所 カルパインプロジェクトの
尾嶋孝一特別研究員(現所属:(独)畜産草地
研究所)と反町洋之プロジェクトリーダーの
グループは、神戸大学、東京大学、JST、
理化学研究所、首都大学東京、マンハイム
大学、アリゾナ大学、国立国際医療研究
センター研究所などとの共同研究において、
筋特異的に発現するタンパク質分解酵素注1)
であるカルパイン3注2)の活性不全により、
運動ストレスに対する筋肉の防御反応が機能
せず、筋ジストロフィーが発症してしまう
ことを初めて明らかにしました。

東京都で難病指定(都74)されており、
まだ決定的な治療法が見つかっていない
筋ジストロフィーの発症機序や治療・予防法
を考える上で重要な手がかりを与えるもの
です。

 この研究成果は、米国科学雑誌「Journal
of Clinical Investigation(ジャーナル
オブクリニカルインベスティゲーション)」
の7月1日(米国時間)付オンライン版に掲載
されました。
---------------------------------------

筋ジストロフィー発症メカニズムの一端が
解明されました。
早く、治療・予防法につながると良いですね。

|

« iPhoneで脳画像、医師が出先で手術判断 | トップページ | 短くなったエイズ発症までの猶予期間 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/48891715

この記事へのトラックバック一覧です: 筋ジストロフィー発症メカニズムの一端の解明:

« iPhoneで脳画像、医師が出先で手術判断 | トップページ | 短くなったエイズ発症までの猶予期間 »