« 3G 携帯電話 を利用した 創傷ケア がフランスで開始される | トップページ | 宇宙ヨット・イカロス、太陽光で姿勢制御に成功 »

2010年7月26日 (月)

【チュニジアと太陽熱発電共同プロジェクト 】

チュニジアと太陽熱発電共同プロジェクト
2010年7月26日 Science Portal

---------------------------------------
 新エネルギー・産業技術総合開発機構
(NEDO)はチュニジア国内で大規模な太陽熱
発電施設を建設する共同プロジェクトを始
める。23日、チュニジア開発・国際協力省、
同国産業技術省などと同意書を締結した。

 太陽光を集めるための凹面鏡を並べた
トラフ型より効率が高いタワー型を採用する。

 さらにガスタービン発電と組み合わせた
複合型の太陽熱発電システムであるのが特徴。

 プロジェクトは、チュニジア政府の進める
再生可能エネルギー導入計画の一環として
実施され、大規模なタワー型太陽熱発電
・ガスタービンコンバインドサイクル複合
施設としては世界初という。

 チュニジアは日射量が豊富なため世界でも
太陽熱発電に適した地域とされている。
 NEDOは共同プロジェクトに取り組むことで
日本の優れた技術の海外展開を後押しし、
世界的なエネルギー問題の解決に貢献する
ことを目指すとしている。
 近く、フィージビリティスタディ参加企業
を公募する。
---------------------------------------

良いことです。どんどん進めてください。

国内だけでなく、海外に出て行かないと
成長がない。

|

« 3G 携帯電話 を利用した 創傷ケア がフランスで開始される | トップページ | 宇宙ヨット・イカロス、太陽光で姿勢制御に成功 »

地球温暖化関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【チュニジアと太陽熱発電共同プロジェクト 】:

« 3G 携帯電話 を利用した 創傷ケア がフランスで開始される | トップページ | 宇宙ヨット・イカロス、太陽光で姿勢制御に成功 »