« 散歩・俳句…認知症予防に「効く」のは?10万人調査へ | トップページ | 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 »

2010年7月13日 (火)

回収微粒子「大半が地球物質」の見方 はやぶさカプセル

回収微粒子「大半が地球物質」の見方
はやぶさカプセル

2010年7月13日 朝日新聞

---------------------------------------
 小惑星探査機「はやぶさ」が小惑星
「イトカワ」から持ち帰ったカプセル内で
見つかった数十粒の微粒子について、宇宙
航空研究開発機構の向井利典技術参与は
12日、回収した微粒子はまだごく一部
ながら、「大半が地球の物質と想像される」
と記者会見で説明した。

 ただ、微粒子はまだ多くあるとみられ、
向井技術参与は「個人的な意見を言えば、
必ず(イトカワの物質が)あると思って
いる」と話した。

 カプセル開封への世間の注目が高まった
ため、宇宙機構が作業について毎週月曜日に
会見して説明することになった。
 初回の12日には、微粒子の効率的な回収
方法を検討していることなどが説明された。
---------------------------------------

期待しています。
きっとあると私も信じています。

|

« 散歩・俳句…認知症予防に「効く」のは?10万人調査へ | トップページ | 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/48866395

この記事へのトラックバック一覧です: 回収微粒子「大半が地球物質」の見方 はやぶさカプセル:

« 散歩・俳句…認知症予防に「効く」のは?10万人調査へ | トップページ | 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 »