« 脊髄損傷の患者が歩けるようになる日 | トップページ | 一票の格差―選挙結果ゆがめた深刻さ »

2010年7月15日 (木)

【正論】社会学者・加藤秀俊 日本の学問は「心の鎖国」で衰退

【正論】社会学者・加藤秀俊 日本の学問は
「心の鎖国」で衰退

2010.7.9 産経ニュース

リンクを載せておきます。
興味のある方は、見てください。

日本はどうしてこうも内向きになって
しまったのでしょうか?

言葉の壁が大きいのかも知れません。

「楽天」が会社での公用語を英語に
しました。
思い切ったやり方ですが、世界に開けた
企業になれなければ、世界の企業と戦う
ことは難しいでしょう。
世界に発展できる企業は、そうならざるを
得ないということだと思っています。
好むと好まざるとに関わらず。です。

どうして昔の日本の企業が発展できたか?
どうしてインド、中国が世界に進出出来た
のか考えてみるとそうかな?
と思う。

残念ながら、日本語は、公用語にはなり得
ない。

|

« 脊髄損傷の患者が歩けるようになる日 | トップページ | 一票の格差―選挙結果ゆがめた深刻さ »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【正論】社会学者・加藤秀俊 日本の学問は「心の鎖国」で衰退:

« 脊髄損傷の患者が歩けるようになる日 | トップページ | 一票の格差―選挙結果ゆがめた深刻さ »