« 脳外科手術の顕微鏡映像を3Dで再現 | トップページ | 家庭用の太陽光発電、12年以内に3割故障 NPO調査 »

2010年7月25日 (日)

インプラントで困ったら(1)神経圧迫 歯茎に激痛

インプラントで困ったら(1)
神経圧迫 歯茎に激痛

2010年7月21日 読売新聞 ヨミドクター

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 千葉県市原市のA子さん(62)は今年
4月、千葉市の東京歯科大千葉病院で、右下
の奥にある2本のインプラントを取り除く
手術を受けた。

 歯を失った歯茎の骨に、金属の軸を埋め
込み、その上に義歯を固定するインプラント。
 10年前に入れたものだ。

 インプラントにして以後、下唇からあごに
かけての皮膚のしびれやまひが続いていた。
 年に3~4回は、歯茎が激しく痛んだ。
 痛み始めると鎮痛薬を飲んでも半日は何も
手に着かない。

 高額な費用がかかった治療だけに、
「いずれよくなる」という歯科医の言葉に
すがる思いだった。
 しかし、痛みの我慢も限界に達し、大学
病院を受診、インプラントの除去を勧め
られた。

 診察した同大口腔インプラント科教授の
矢島安朝さんによると、下あごの骨の中には、
神経や血管が通る細い管がある。
 通常、この管に達しない長さの
インプラントを埋め込む。
 しかしCTなどのエックス線画像を読み
間違えたり、穴を開けるドリルの操作を誤る
と、神経を傷つけてしまう。

 A子さんのCT画像を診ると、
インプラントが神経を圧迫していた。

 当初の手術が不適切だった可能性が高い。

 矢島さんは「しびれやまひの治療は
早ければ早いほど回復が期待できる。
 手術後に異常を感じたら、早急に原因を
突き止め、治療を行ったほうがいい」と話す。

 下あごの骨の管には、神経が通っている。
 「異常があったら早く相談を」と話す
矢島さん(東京歯科大千葉病院で)

 A子さんは、神経を圧迫していた
インプラントを取り除き、神経組織の再生を
促す薬のメコバラミンを飲んでいる。

 突然の激痛に襲われることはなくなったが、
長い年数がたっているため、まひがどこまで
回復するか分からないという。

 歯がなくなって不便なので、今度は
入れ歯にするつもりだ。

 歯を失った時の治療として、入れ歯に
代わり、インプラントが広がっている。

 1本30万~40万円程と高額だが、
見た目は自分の歯と変わらず、入れ歯の
ような不都合がない。

 「第二の永久歯」「すぐかめる」「一生
使える」と宣伝される。

 一方で、治療がうまくいかず、
インプラントが新たな悩みになってしまう
患者も一部で出ている。

 矢島さんは「手術後に、しびれが続く
など調子が悪く、治療した歯科医で問題が
解決しない場合は、インプラント科や口腔
外科がある大学病院などを受診してみて
ほしい」と話す。

 広がるインプラント治療で、患者が
「困った時」の対処法を考える。
---------------------------------------

知りませんでした。
気をつけなくてはいけないですね。

インフォームドコンセントはなかったので
しょうか?
又、医者の過失は問えないのでしょうか?

結局、患者が損をするということになる
のでしょうか?

患者も勉強しないといけないとは思って
いますが、医者ではないのだから、どんな
ことが起こるのか?

どんなことが起こり得るのか知らなくて
当然です。

問題ないという医師の言葉を信じるしか
ない。

患者の立場は弱いですね。

|

« 脳外科手術の顕微鏡映像を3Dで再現 | トップページ | 家庭用の太陽光発電、12年以内に3割故障 NPO調査 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/48970027

この記事へのトラックバック一覧です: インプラントで困ったら(1)神経圧迫 歯茎に激痛 :

« 脳外科手術の顕微鏡映像を3Dで再現 | トップページ | 家庭用の太陽光発電、12年以内に3割故障 NPO調査 »