« 社内で英語公用語「バカな話」ホンダ社長 | トップページ | 風力発電 国内失速 »

2010年7月23日 (金)

下半身不随の人の歩行支援する「ロボット脚」、世界で初開発

下半身不随の人の歩行支援する「ロボット脚」
世界で初開発

2010年07月17日 AFP BBNews

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 下半身不随になった人がもう一度歩くこと
ができるよう支援する「ロボットの脚」の
開発に世界で初めて成功したと、ニュージー
ランドの開発者2人が発表した。

 名称は「robotic exoskeleton(ロボット
外骨格)」を省略した「Rex(レックス)」
だ。

 15日にRexの公開試験が初めて行われた。
 着用したのはヘイデン・アレン(Hayden
Allen)さん(23)。
 オートバイで交通事故に遭って胸より下の
部分がまひし、2度と歩くことはできない
だろうと5年前に宣告された。

 Rexを装着して起立・歩行したアレンさん
は、まるで障害がない体に戻ったようで素晴
らしかったと喜び、「ほかの人と同じ高さの
目線で話せるということは、社会生活の上
でも大切なことだ」と述べた。

■車いすユーザーの可能性広げる

 リトル氏とアービング氏はウェブサイト
「Rexbionics.com」で「(Rexは)車いすの
代わりになる現実的な起立・歩行」装置だ
と説明する。
「(Rexでは)階段の上り下り、着座、起立、
前後の歩行、横向きの歩行ができる。
 歩きたいと思っている車いすユーザーに、
歩行の機会を提供する」

 しかし、Rexの価格は1台15万米ドル
(約1300万円)と高額だ。
 また、2011年には世界販売が始まる見込み
だが、今のところはニュージーランド国内で
しか購入できない。
---------------------------------------

>「ほかの人と同じ高さの目線で話せる
>ということは、社会生活の上でも大切な
>ことだ」
そう思います。
対等ということの一つの要素ですね。

まだまだ価格も高いし入手も困難。
普及して欲しいと思います。

日本でも、開発できると思うけど、、
重いものを持てるようになるロボット
スーツがありましたね。
テレビで見たことがあります。

バランスはどの程度保てるのでしょうか?
二本足で自立するのは思ったより難しい
技術のはず。

Rexbionics.com
に説明と動画があります。
見てください。

|

« 社内で英語公用語「バカな話」ホンダ社長 | トップページ | 風力発電 国内失速 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/48953438

この記事へのトラックバック一覧です: 下半身不随の人の歩行支援する「ロボット脚」、世界で初開発:

« 社内で英語公用語「バカな話」ホンダ社長 | トップページ | 風力発電 国内失速 »