« 劣勢の医療機器開発 「脳を操る」で巻き返せ 編集委員 矢野寿彦 | トップページ | FCC と FDA が協力して 規制 プロセスの効率化を目指す/動画 »

2010年7月30日 (金)

心臓発作を24%減少させた取り組み(アメリカ)

心臓発作を24%減少させた取り組み
(アメリカ)

2010 年 6 月 11 日 Medocal Media

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 カリフォルニアの非営利医療団体カイザー
パーマネントの患者は、1999~2008年の10年
で心臓発作の率が24%減少したそうです
(SFGate)。

 研究者によれば、血圧やコレステロールの
低下、喫煙の減少、β遮断薬や心臓病を予防
する薬などの使用が、予想以上に効果がある
としています。
---------------------------------------

こういう地道な努力が大切なのだと思い
ます。

日本でも実施していると思いますが、
そのデータは?

データがとれるシステム。
あるんでしょうね?

治療効果が上がっているのか、
いないのか、

病院毎の治療成績を比較できるシステム
あるんですか?

同一疾患で明らかに入院日数に差が
出ているとすれば、是正すべきだし、
是正していけば、医療費は下がるはず。

何故、そうなるようにしない?

競争環境がなくて、どうして進歩する?

|

« 劣勢の医療機器開発 「脳を操る」で巻き返せ 編集委員 矢野寿彦 | トップページ | FCC と FDA が協力して 規制 プロセスの効率化を目指す/動画 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49012811

この記事へのトラックバック一覧です: 心臓発作を24%減少させた取り組み(アメリカ):

« 劣勢の医療機器開発 「脳を操る」で巻き返せ 編集委員 矢野寿彦 | トップページ | FCC と FDA が協力して 規制 プロセスの効率化を目指す/動画 »