« 海外で使う「Pocket WiFi」――現地SIMでの格安利用を体験 | トップページ | 太陽電池 もっと効率よく »

2010年6月29日 (火)

唾液を調べ、がん発見 慶大研究所などが新技術開発

唾液を調べ、がん発見 慶大研究所などが
新技術開発

2010年6月29日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 唾液(だえき)に含まれる成分を調べ、
がんを発見する技術を、慶応義塾大先端生命
科学研究所(山形県鶴岡市)と米カリフォル
ニア大ロサンゼルス校(UCLA)が共同で
開発した。

 唾液の検査は、X線や血液の検査より患者
の負担が小さく、実用化されれば症状が出に
くいがんの早期発見につながる可能性が
ある。

 UCLAが、膵臓(すいぞう)がん、
乳がん、口腔(こうくう)がん患者や健常者
ら215人の唾液を集め、慶応大がそれぞれ
のがんに特徴的な物質を探した。
 検出された約500種類の糖やアミノ酸
などのうち、膵臓がん患者はグルタミン酸
の濃度が高いなど、健常者に比べ濃度が
高かったり低かったりした54物質を特定
した。

 これらの物質の特徴を組みあわせた解析
で、がん患者を対象に、がんが判別できる
精度を調べた。
 この結果、膵臓がんの99%、乳がんの
95%、口腔がんの80%を見分けられた。
 年齢や性別、人種の差は、あまりなかった。

 研究結果は28日、オランダで開かれて
いるメタボローム国際学会で発表される。
(岡崎明子)
---------------------------------------

素晴らしい成果だと思います。
ガンにとって早期発見はなにより大事。

期待したい。

|

« 海外で使う「Pocket WiFi」――現地SIMでの格安利用を体験 | トップページ | 太陽電池 もっと効率よく »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/48749072

この記事へのトラックバック一覧です: 唾液を調べ、がん発見 慶大研究所などが新技術開発:

« 海外で使う「Pocket WiFi」――現地SIMでの格安利用を体験 | トップページ | 太陽電池 もっと効率よく »