« 小脳変性に関与する分子メカニズムを解明 | トップページ | どう計算しても年金は2032年に破綻する。 »

2010年6月 9日 (水)

骨折が早く治る注射…すねなら4週間短縮

骨折が早く治る注射…すねなら4週間短縮
(2010年6月9日13時04分 読売新聞)

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 骨折した患部に細胞増殖を促すたんぱく質
を注入すると、治癒を大幅に早める効果が
あることを、東大病院のグループが臨床試験
で確かめた。

 同病院整形外科・脊椎外科の中村耕三教授
らは、骨や皮膚の細胞を増殖させる
FGF―2というたんぱく質を利用。
 国内48施設の協力で、治療に時間が
かかる、すねの骨を骨折した直後の患者
71人を対象に、FGF―2を患部に注射
した47人と、注射しなかった24人とで
効果を比較した。

 その結果、FGF―2を注入した患者は
14週間で半数が治癒。
 24週間後に治りきらなかったのは1人
だけだった。
 一方、注入しなかった患者のうち半数は
治るまでに18週間かかり、24週間後も
4人が完治しなかった。
---------------------------------------

素晴らしいですね。
早く実用化して欲しい。

|

« 小脳変性に関与する分子メカニズムを解明 | トップページ | どう計算しても年金は2032年に破綻する。 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/48583995

この記事へのトラックバック一覧です: 骨折が早く治る注射…すねなら4週間短縮:

» 腰痛すべり症 [腰痛すべり症]
腰痛すべり症についての情報です。 [続きを読む]

受信: 2010年6月11日 (金) 10時13分

« 小脳変性に関与する分子メカニズムを解明 | トップページ | どう計算しても年金は2032年に破綻する。 »