« 東アジアの科学技術関連情報を集約する「アジア科学技術ポータル」を開設 | トップページ | 白血病幹細胞を標的とした治療の開発 »

2010年6月 7日 (月)

アレルギー抑えるたんぱく質発見 花粉症など治療に期待

アレルギー抑えるたんぱく質発見 花粉症な
ど治療に期待

2010年6月7日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 花粉症やアトピー性皮膚炎といった
アレルギーの発症を強く抑える働きがある
細胞表面のたんぱく質(受容体)を、筑波大
の研究チームが発見した。

 マウスの実験で、この受容体を刺激すると
アレルギーを引き起こす物質が細胞の外に
出なくなり、アレルギー反応を抑えること
ができた。
 ヒトも同様の受容体があり、アレルギー
疾患の根本的な治療法の開発につながる
可能性がある。
 6日付の米科学誌ネイチャーイムノロジー
(電子版)に発表した。

 渋谷教授は「アラジン1はアレルギー反応
を起こす最初のシグナルの伝達を妨げる。
 すべてのアレルギー疾患の発症を阻止
できる根本的な治療法の開発が期待できる」
と話す
---------------------------------------

素晴らしいですね。
アレルギーで困っている人は沢山いますし、
増えつつあります。

すべてのアレルギー疾患の発症を阻止
できる根本的な治療法が開発されると
良いですね。

|

« 東アジアの科学技術関連情報を集約する「アジア科学技術ポータル」を開設 | トップページ | 白血病幹細胞を標的とした治療の開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/48567136

この記事へのトラックバック一覧です: アレルギー抑えるたんぱく質発見 花粉症など治療に期待:

« 東アジアの科学技術関連情報を集約する「アジア科学技術ポータル」を開設 | トップページ | 白血病幹細胞を標的とした治療の開発 »