« 役員報酬の1億円開示問題、ガラパゴスかグローバルか | トップページ | 与党追い込むのが使命とは »

2010年6月26日 (土)

リボンのようなオーロラ「南極光」、国際宇宙ステーションから撮影

リボンのようなオーロラ「南極光」、国際
宇宙ステーションから撮影

2010年06月22日 AFP BBNews

---------------------------------------
 米航空宇宙局(NASA)は21日、国際宇宙
ステーション(International Space
Station、ISS)から撮影されたオーロラ
「南極光(Aurora Australis)」の写真を
公開した。

 このオーロラは前月24日、太陽のコロナ
ガスの噴出によって引き起こされることが
多い磁気嵐が起こっている際に撮影された。

 この時、ISSはインド洋南部上空350キロに
位置し、南極大陸の方向を向いていた。

 オーロラは曲がりくねったリボンのような
形状をしており、画面右側下に見える位置で
分離している。
 全体は緑色だが、画面左側には淡い赤色も
見える。
 オーロラの下側には厚い雲が広がっている
が、地球の地平線の湾曲ははっきり見ること
ができる。(c)AFP
---------------------------------------

拡大写真で見るとよく見えます。
きれいです。

上から見下ろすとこういうふうに見えるの
ですね。

|

« 役員報酬の1億円開示問題、ガラパゴスかグローバルか | トップページ | 与党追い込むのが使命とは »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/48724865

この記事へのトラックバック一覧です: リボンのようなオーロラ「南極光」、国際宇宙ステーションから撮影:

« 役員報酬の1億円開示問題、ガラパゴスかグローバルか | トップページ | 与党追い込むのが使命とは »