« 捨て身の渡米で小胞体活動を解明…分子生物学のエース 森和俊・京大教授 | トップページ | すくみ足の目立つパーキンソン病患者さんに対する驚くようなリハビリ方法 »

2010年6月 2日 (水)

iPS細胞:抗がん効果の特定リンパ球作成、マウスで成功--理化学研

iPS細胞:抗がん効果の特定リンパ球
作成、マウスで成功--理化学研

毎日新聞 2010年6月2日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から強力

な抗がん効果のある特定のリンパ球のみを
大量に作成することに、理化学研究所の
チームがマウス実験で成功した。

 作ったリンパ球をがんのマウスの体内に
入れて活性化させると、抗がん効果を発揮
することも確かめた。

 がんの免疫細胞療法での応用が期待できる
という。
 1日付の臨床試験に関する米科学誌(電子版)
で発表した。

 リンパ球の一種「ナチュラルキラーT(NKT)
細胞」には、他の免疫細胞にも働きかけ、がん
細胞を直接または間接的に殺す作用がある。

 理研免疫・アレルギー科学総合研究
センターの渡会(わたらい)浩志・上級
研究員(免疫学)らは、マウスのNKT細胞
に4種類の遺伝子をウイルスに運ばせて
NKT細胞由来のiPS細胞を作った。
 これをリンパ球に分化させると、すべて
NKT細胞になった。

 生まれつきNKT細胞を持たないマウス
にがんを移植し、続いて作成したNKT細胞
と活性化物質を静脈に注入すると、がんは
大きくならず、マウスは1年後も生き続けた。

 一方、NKT細胞を持つが活性化させ
なかったマウスは、がん移植後平均約1カ月
で死んだ。

 渡会上級研究員は「将来、患者のNKT
細胞を基にiPS細胞を介して大量の
NKT細胞を作り、患者に戻すことが
できれば、より効果的な治療法になる」
と話している。【須田桃子】
---------------------------------------

素晴らしい成果ですね。
最近、ガン治療に対して有効そうな研究
成果が出て来ています。

期待したい。

|

« 捨て身の渡米で小胞体活動を解明…分子生物学のエース 森和俊・京大教授 | トップページ | すくみ足の目立つパーキンソン病患者さんに対する驚くようなリハビリ方法 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/48521571

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞:抗がん効果の特定リンパ球作成、マウスで成功--理化学研:

« 捨て身の渡米で小胞体活動を解明…分子生物学のエース 森和俊・京大教授 | トップページ | すくみ足の目立つパーキンソン病患者さんに対する驚くようなリハビリ方法 »