« 脳バンク設立へ うつや認知症の研究拠点に | トップページ | 「わたしたち抜きに決めないで!」自立支援法改正案可決に怒りー総合福祉部会 »

2010年6月 3日 (木)

第2世代のゲノムワイドの連鎖不平衡分析(GWAS)の有効性が証明されました

第2世代のゲノムワイドの連鎖不平衡分析
(GWAS)の有効性が証明されました

2010年06月02日
Biorechnology Japan's BLOG

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 シンガポールのGenome Institute of
Singaporeと中国中山大学がんセンターの
研究グループが、鼻咽頭がんの発症に影響
するHLAと3種の遺伝子多型を第2世代GWASで
発見したのです。
 結果の詳細は、2010年5月30日付けの
Nature Genetics誌で発表しました。
http://biotech.nikkeibp.co.jp/bionewsn/detail.jsp?id=20071508

 気になるのは、ここでもHLAのある種の
型が疾患のリスクに関係していることです。

 今までは単なるリンパ球の細胞表面抗原
として考えられてきたHLA(ヒトリンパ球
抗原)が、単なる移植の拒絶反応の抑止など
自己非自己の区別をする以外に機能がある
のではないか?という想像が膨らんできます。

 一体、HLAの生命現象や疾患に対する真の
機能は何なのか?

 それとも自己非自己の認識システムが、
疾患を引き起こす基盤を共有している
のか?
 そうなると、個の医療というコンセプト
は疾患そのものの本来の性質に根ざす
根源的な概念に発展するかも知れません。

 HLAは古くて新しい生体分子として注目
されそうです。
---------------------------------------

科学者としては、興味がつきない話題に
なりそうです。

個の医療の実現にHLAが深くからんできそう
な気配です。

研究の進展を見守りたいと思います。

参考までに、HLAのリンクを、
HLAとは

|

« 脳バンク設立へ うつや認知症の研究拠点に | トップページ | 「わたしたち抜きに決めないで!」自立支援法改正案可決に怒りー総合福祉部会 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/48531267

この記事へのトラックバック一覧です: 第2世代のゲノムワイドの連鎖不平衡分析(GWAS)の有効性が証明されました:

« 脳バンク設立へ うつや認知症の研究拠点に | トップページ | 「わたしたち抜きに決めないで!」自立支援法改正案可決に怒りー総合福祉部会 »