« 腫瘍タイプと分子標的治療薬を組み合わせることで肺癌(がん)の治療成績が改善 | トップページ | セルシード<7776.Q>、日本で「角膜再生上皮シート」の特許成立 »

2010年5月 2日 (日)

頭を再生する遺伝子、プラナリアで解明

頭を再生する遺伝子、プラナリアで解明
2010年04月30日 slashdot

---------------------------------------
 英ノッティンガム大学の研究チームが、
頭や脳を再生する遺伝子をプラナリアで
突き止めたとのこと
(The Register の記事、本家 /. 記事より)

 脳を含めた頭の再生は「smed-prep」と
呼ばれる遺伝子が司っているという。
 この遺伝子は幹細胞から脳細胞などを再生
するだけでなく、細胞が正しい場所に作り
だされ、組織として機能するようにする重要
な役割も担っているとのこと。

 研究チームを率いた Aboobaker 博士は
プラナリアが欠損細胞生成に対処する仕組み
も解明したいと考えているそうで、
プラナリアでの仕組みを完全に解明すること
によって人間における再生医療実現の道が
開けてくるとのことだ。
---------------------------------------

この研究で直ちに、いろいろな難病の
治療に結びつくとは思えません。

人間における再生医療の実現に、どの程度貢献
出来るのでしょうか?

切断された指を再生させる薬をテレビで見たことが
ありますが、この研究ではどういう応用となる
のでしょうか?

好奇心は、そそられますが、

|

« 腫瘍タイプと分子標的治療薬を組み合わせることで肺癌(がん)の治療成績が改善 | トップページ | セルシード<7776.Q>、日本で「角膜再生上皮シート」の特許成立 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

再生医療といってもひとくくりではなくていろいろなアプローチの方法があるのですね。万能細胞の研究、それから今回のようなプラナリアの研究など。頂上を目指すのにもいろいろな登り口があるように様々な方法で取り組んでいくことが大切ですね。プラナリアと万能細胞がどこかで結びつくかもしれませんね。とりあえずは、先の話になると思うけどエールを送りたいですね。ところで、頭だけでなく頭の毛の再生の遺伝子も個人的には、突き止めてほしいと思います。

投稿: オリバー | 2010年5月 2日 (日) 17時33分

同感です。

毛根の再生は、商売になりますから、
けっこうまじめにお金をかけて研究しているのではないでしょうか?
遺伝子レベルで、、

と思ってます。

でも、老化を止めるということになりますから、
難しいのでしょうね?

投稿: haredasu | 2010年5月 3日 (月) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/48241902

この記事へのトラックバック一覧です: 頭を再生する遺伝子、プラナリアで解明:

« 腫瘍タイプと分子標的治療薬を組み合わせることで肺癌(がん)の治療成績が改善 | トップページ | セルシード<7776.Q>、日本で「角膜再生上皮シート」の特許成立 »