« がんと闘った科学者の記録 [著]戸塚洋二 [編]立花隆 | トップページ | 「カロリーハーフ」って何? 消費者庁「明確に表示を」 »

2010年5月17日 (月)

日中韓の国立図書館、電子化で連携 ネット横断検索

日中韓の国立図書館、電子化で連携 
ネット横断検索

2010年5月12日 朝日新聞

---------------------------------------
 日本、中国、韓国の3国の国立図書館は
6月下旬にも協定を結び、各館が電子化した
書籍をインターネットで検索し、読めるよう
にする共通の仕組みを作る方針を固めた。

 自宅のパソコンなどから自国語で検索して
も、翻訳機能などにより、他国の蔵書を簡単
に見つけられるようにする。

 提携するのは日本の国立国会図書館と中国
国家図書館、韓国国立中央図書館。

 1、2年以内のサービス開始を目指す。
 公開する数は未定だが、各館が電子化した
書籍から選ぶ。

 使い方は、言葉を入力すると、他国語に
変換して横断的に検索できるようにし、
いずれは本文も自動翻訳して各国語で読める
ようにしたいという。

 各館はこれまで独自に電子化を進めてきた。
 日本は明治・大正期の書籍約16万点を
公開。

 中国は現代の中国語図書のほか、甲骨
文字の文献なども電子化し、約72万点を
公開している。

 韓国も約21万点をネットで公開して
いる。

 これまでの協議で、3館で「中日韓デジタル
図書館推進協議会(CJKDLI)」(仮称)
を設立し、運営の統括組織を館長級で作る
ことなどを合意。
 6月下旬以降、正式に協定を結ぶ予定だ。

 複数の国や地域が連携した同様のサービス
としては、欧州連合(EU)加盟国の図書館
などが参加する「ヨーロピアーナ」
(700万点以上)などがある。
 国会図書館は、「アジア圏では国を
またいだ初の『電子図書館』になる」
としている。(赤田康和)
---------------------------------------

良いことですね。

このことが、お互いの理解を深める
きっかけになればと、期待しています。

|

« がんと闘った科学者の記録 [著]戸塚洋二 [編]立花隆 | トップページ | 「カロリーハーフ」って何? 消費者庁「明確に表示を」 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日中韓の国立図書館、電子化で連携 ネット横断検索:

« がんと闘った科学者の記録 [著]戸塚洋二 [編]立花隆 | トップページ | 「カロリーハーフ」って何? 消費者庁「明確に表示を」 »