« ランキング:日本32位 母親になるのにベストな国 | トップページ | 高額医療費:白血病患者、特効薬やめ容体悪化 自己負担、重く »

2010年5月10日 (月)

京大、iPS細胞で希少疾患の治療薬開発へ 武田薬品が協力

京大、iPS細胞で希少疾患の治療薬開発へ
武田薬品が協力

2010/5/8 日本経済新聞

---------------------------------------
 京都大学のiPS細胞研究所(所長・
山中伸弥教授)は、患者が少なく治療が
難しい希少疾患の新薬を開発する研究
プロジェクトに乗り出した。

 患者の皮膚などから新型万能細胞
(iPS細胞)を作り、発症の仕組み解明や
新薬候補物質の発見に生かす狙い。

 製薬企業にも支援を求める考えで、武田
薬品工業が協力の意向を表明した。

 8日に開いたiPS細胞研究所の開所式
で山中教授が明らかにした。

 患者数が国内で数十~数百人しかいない
希少疾患の薬は、市場規模が限られるため
製薬企業の研究開発対象になりにくい。

 プロジェクトでは同研究所が患者の協力
を得てiPS細胞を作製。
 新薬候補を見つけるための実験、評価方法
を確立し候補物質の探索も手掛ける。

 探索では多数の化合物を保有する製薬大手
にも協力を求める考え。

 開所式に出席した武田薬品の長谷川閑史
社長は「山中教授をサポートし、一つでも
(研究開発の課題を)解決することをお誓い
する」と協力の姿勢を示した。
---------------------------------------

本当に「希少疾患の薬は、市場規模が
限られるため製薬企業の研究開発対象に
なりにくい。」
です。

製薬会社との協力がうまくいって成果が
でるとよいですね。

|

« ランキング:日本32位 母親になるのにベストな国 | トップページ | 高額医療費:白血病患者、特効薬やめ容体悪化 自己負担、重く »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/48323553

この記事へのトラックバック一覧です: 京大、iPS細胞で希少疾患の治療薬開発へ 武田薬品が協力:

« ランキング:日本32位 母親になるのにベストな国 | トップページ | 高額医療費:白血病患者、特効薬やめ容体悪化 自己負担、重く »