« 「より賢い地球へ」そこに商機は広がる | トップページ | 手を動かしチャンネル操作 リモコン不要テレビ実用化へ »

2010年5月10日 (月)

衝突直前に自動ブレーキ 富士重、新型レガシィに搭載へ

衝突直前に自動ブレーキ 富士重、新型
レガシィに搭載へ

2010年5月9日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 渋滞の最後尾が迫っているのに、
ドライバーがブレーキを踏み忘れている――。
 そんな危険を察知して車が自動的に止まる
機能を、富士重工業が5月中旬に発売する
新型レガシィに搭載する。
 2008年に導入した運転支援機能
「アイサイト」を改良。
 時速30キロ以下なら追突を避けられる
という。搭載車種は約10万円高い。

 車が前方の障害物に近づくと、まず警報音
が鳴る。
 この時点でドライバーがブレーキを踏むと、
車がそのブレーキをより強くかける。
 踏まないままなら、衝突直前に自動で
急ブレーキをかける。
 時速30キロ以下ならほぼ止まり、30
キロ以上でも急減速する。
---------------------------------------

良いことですね。

時速30キロ以下なら、というのが気に
なります。
例えば、高速で時速30キロというのは
既に認識して、かなりブレーキをかけて
いるということなので、意味がない?

どの位役立つのかな?

他社もやっていると思いますが、
フェイルセーフなシステムにしていく必要
があります。コストとの兼ね合いが
あるとは思いますが、

少しずつですが、そうなりつつあるよう
です。

飲酒運転ができないシステムもそうです。

ブレーキとアクセルを踏み間違えたと言う
事故が意外に多いようです。
対策が必要でしょう。

|

« 「より賢い地球へ」そこに商機は広がる | トップページ | 手を動かしチャンネル操作 リモコン不要テレビ実用化へ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/48323968

この記事へのトラックバック一覧です: 衝突直前に自動ブレーキ 富士重、新型レガシィに搭載へ:

« 「より賢い地球へ」そこに商機は広がる | トップページ | 手を動かしチャンネル操作 リモコン不要テレビ実用化へ »