« B型肝炎国賠訴訟の大阪弁護団で原告 辰巳創史さん | トップページ | 正解のない問題を解くということ »

2010年5月16日 (日)

iPS細胞から耳有毛細胞再生 難聴原因、マウスで成功

iPS細胞から耳有毛細胞再生 難聴原因、
マウスで成功

2010年5月14日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 音の聞き取りに重要な耳の有毛細胞を、
人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作る
ことに、米スタンフォード大の大島一男講師
らがマウスで成功した。

 マウスでも耳や目など感覚器に関連する
細胞を作るのは難しかった。
 有毛細胞の損傷は難聴の一因だが、再生
しないために治療が難しく、再生技術の
ヒトへの応用が期待される。

 音は鼓膜などを通じて渦巻きの形をした
内耳の蝸牛(かぎゅう)という器官に伝わり、
そのなかの有毛細胞によって電気信号に
変換され、神経細胞を通じて脳に届く。

 加齢や騒音、薬の副作用によって有毛
細胞が傷つくことで聴覚障害やバランス
感覚の障害が起こる。

 大島さんらは、マウスの皮膚の細胞に
四つの遺伝子を入れて作ったiPS細胞に、
特殊なたんぱく質を加えて内耳の組織の
もとになる細胞を作った。
 さらに別の種類の細胞と一緒に培養する
などして有毛細胞を作ることに成功した。
 有毛細胞に特徴的に見られる遺伝子が
働いていたほか、できた細胞は振動の刺激
に反応して、神経細胞に情報を伝える電流
も発生したことが確認できたという。

 大島さんらはヒトのiPS細胞でも研究
を進めており、「難聴の治療だけでなく、
細胞が再生するメカニズムの解明や再生を
促す薬剤の発見にも役立てたい」という。

14日付の米科学誌「セル」に発表する。
---------------------------------------

iPS細胞研究も進んできました。

高く評価できる研究だそうです。

|

« B型肝炎国賠訴訟の大阪弁護団で原告 辰巳創史さん | トップページ | 正解のない問題を解くということ »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/48373736

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞から耳有毛細胞再生 難聴原因、マウスで成功:

« B型肝炎国賠訴訟の大阪弁護団で原告 辰巳創史さん | トップページ | 正解のない問題を解くということ »