« 分解で見えた「こだわり」iPad(米アップル) | トップページ | 頭を再生する遺伝子、プラナリアで解明 »

2010年5月 2日 (日)

腫瘍タイプと分子標的治療薬を組み合わせることで肺癌(がん)の治療成績が改善

腫瘍タイプと分子標的治療薬を組み合わせる
ことで肺癌(がん)の治療成績が改善

2010年4月28日 健康美容EXPニュース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 鍵となる遺伝形質に合う腫瘍に対する
分子標的治療薬を用いれば、治療により
反応しやすくなることが新しい研究によって
示され、米ワシントンD.C.で開催された
米国癌学会(AACR)年次集会で発表された。

 腫瘍バイオマーカーに合う化学療法を
行うと、治療開始後2カ月以内に46%の患者で
疾患コントロールが得られたが、通常の方法
では30%であることが判明。
---------------------------------------

個の医療と言ってよいのでしょうか?

人それぞれ違うわけですから、
その人にあった治療をするのが理想。

進歩に期待します。

|

« 分解で見えた「こだわり」iPad(米アップル) | トップページ | 頭を再生する遺伝子、プラナリアで解明 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/48241815

この記事へのトラックバック一覧です: 腫瘍タイプと分子標的治療薬を組み合わせることで肺癌(がん)の治療成績が改善:

« 分解で見えた「こだわり」iPad(米アップル) | トップページ | 頭を再生する遺伝子、プラナリアで解明 »