« すざく衛星で、宇宙最大の構造が成長する現場をとらえる | トップページ | 医師の発信しているブログの紹介 »

2010年4月17日 (土)

北原敏直詩集「星への手紙」より


-------------------

きにしないこと
空の雲のように
どこに流されようと
草花のように
たとえ一年の命でも

-------------------

 強いですね。

 「きにしないこと
 たとえ一年の命でも」
と言えること。

 北原君は筋ジストロフィーの子供です。
 たった15歳でこの世を去りました。
 その北原君の詩です。

 北原君は作文の中にこう書いています。

「今の僕には、心の支えがあります。
 明日への大きな夢もまた限りありません。
 雪に対しても新しい見方が出来るのです。

 小さな思い出として、その時々に雪を見て
きた僕は、雪と育ってきたといわれたい
 のです。

 これからもそうでありたいと思っています。
 ぼくのゆめは雪のようにきれいに生きる
ことです。」

 自分の幸せを見つけることすら困難な
はずの彼がこう書いているのです。

 彼の生き方に私は学ばなくてはなりません。

|

« すざく衛星で、宇宙最大の構造が成長する現場をとらえる | トップページ | 医師の発信しているブログの紹介 »

感動した詩」カテゴリの記事

コメント

 北原敏直君の詩を検索していて、たどり着きました。他のページも読ませて頂きました。詩の紹介に感謝します。これからも時々お邪魔させて下さい。

投稿: ink | 2010年5月23日 (日) 13時19分

inkさん
コメントありがとうございます。

北原敏直くんの詩集は持っているけれど、著作権の問題であまり紹介できません。
このくらいなら許してもらえるかな? と言うところです。

甲山政弘くんの詩集も良いですね。
子供の誌にはいつも感動させられます。

いつでもいらしてください。歓迎します。

投稿: haredasu | 2010年5月24日 (月) 12時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北原敏直詩集「星への手紙」より:

« すざく衛星で、宇宙最大の構造が成長する現場をとらえる | トップページ | 医師の発信しているブログの紹介 »