« Vol. 137 平成22年の診療報酬改定でドキシルが使えない!? | トップページ | 小惑星探査機「はやぶさ」、6月13日に大気圏再突入 »

2010年4月22日 (木)

【隠れた世界企業】省エネ塗装に熱い視線

【隠れた世界企業】省エネ塗装に熱い視線
2010年4月22日 日経ビジネスONLINE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 医薬品の卸売会社の社長が一念発起して
断熱効果のある塗料を開発。

 温暖化抑制の一助になると、猛暑の国々が
導入に意欲を示している。
 シンガポールでは施工実績を伸ばしており、
電気自動車への応用も探る。

 社員がわずか4人しかいない企業が国内
だけでなく海外からも熱い視線を浴びて
いる。
 塗料の販売と施工を手がけるフミン
(福島市)だ。

 塗料は「アンチモンドープ酸化スズ」
という断熱効果のある金属酸化物を主成分
としている。
 2002年にフミンが開発し、「フミン
コーティング」という名称で販売している。

 赤外線だけでなく紫外線も吸収するので、
ビルや住宅の窓ガラスに塗装すれば、
太陽光による室内温度の上昇を2~5度下げ
られるという。
 その分、冷房の稼働を減らして電力
使用量を節約できる。

 一般に普及している遮熱ガラスは太陽光
を反射する方式がほとんど。

 反射された光の熱が外気温を上昇させ、
いわゆる「ヒートアイランド現象」を引き
起こす一因になっている。
 フミンコーティングは赤外線や紫外線を
反射せずに吸収するので、ヒートアイランド
現象の発生を抑制する効果が見込める。
 東南アジアや中東などの“猛暑”で
知られる国がこの点に注目し、採用に積極的
な姿勢を示しているわけだ。

 フミンは国内では施工を手がけていない。
 代理店契約を結んだ会社に施工を任せ、
自社はフミンコーティングの製造を委託
している塗料メーカーから購入した
フミンコーティングに特許の使用料を上乗せ
した金額で代理店に販売している。
 つまり特許の使用料がフミンの主な収入
というわけだ。

 八木澤社長はこの方針を貫く考えだ。
 「市販のものを改造したスプレーガンを
使うので、誰でも簡単に塗装できる。
 代理店に施工を任せることで雇用の
増加につながればいい」。
---------------------------------------

面白いですね。
テレビでも取り上げられてました。
いつだったか忘れましたが、

社員がわずか4人しかいない企業が
こんな塗料を開発できるなんて、
しかも、後半の考え方が良い。

>代理店に施工を任せることで雇用の
>増加につながればいい
と、

応援したくなります。
ガンバレ!

|

« Vol. 137 平成22年の診療報酬改定でドキシルが使えない!? | トップページ | 小惑星探査機「はやぶさ」、6月13日に大気圏再突入 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【隠れた世界企業】省エネ塗装に熱い視線:

« Vol. 137 平成22年の診療報酬改定でドキシルが使えない!? | トップページ | 小惑星探査機「はやぶさ」、6月13日に大気圏再突入 »